自動車任意保険の意義とは?車を持つなら絶対に必要ですよね!

自動車任意保険意義

 

 

自動車の任意保険とはつまり任意なわけですから
強制的に加入する義務はありません。

 

しかし、あなたもそうだと思いますが、
任意だからといって加入しないわけにはいきませんね。

 

車の所有者100%の加入が当然だといえるでしょう。

 

ですが、現実には100%の加入がされていないことも事実です。

 

任意保険に加入しない理由はいくつかありますが
まず、自動車の利用率が極端に低い場合です。

 

週末しか車を運転しない、それも買物程度
などの理由であれば、事故を起こす確率は低くなります。

 

わざわざ掛け金を支払って保険をかけるなどもったいない
こう考えても、無理のないことかもわかりません。

 

あるいは、自分は絶対に事故を起こさないとの過信で
任意保険をかけないドライバーも現実にいます。

 

しかし、事故はいつおこるかわかりませよね・・
起こすつもりはなくても起こるのが事故なのです。

 

ですので、自動車の利用率にかかわらず
車を所有している限り自動車保険には加入しておくべきです。

 

自動車保険は入っておいて使わないのが一番です。
もしものとき、万一に備えておくのが保険の意義ですね。

 

もったいないからと任意保険に加入していなくて

 

万が一事故につながったら
すべてを自分でまかなわなければなりません。

 

今の時代の補償金額などを参照してみても
とても自分ではまかないきれないケースが多いですよね。

 

あなたや、大切なあなたの家族のために
任意保険には車を所有する限り加入しておきましょう。

 

繰り返しになりますが自動車保険の意義とは
入っておいて生涯使わないことが幸せなのですね。