交通事故に遭遇したときは示談の前に弁護士に相談してみることが大事

交通事故示談交渉弁護士

 

 

損害賠償という言葉をニュースなどで聞く機会もよくありますよね。

 

事故などに遭遇してしまった際に被害者に発生した損害を
加害者が支払う示談金を損害賠償金といいます。

 

損害賠償金は3つに分かれていて
  • 積極的損害
  • 消極的損害
  • 慰謝料

このうちの慰謝料とは被害者が受けた
精神的苦痛に対するてん補としての賠償を指します。

 

交通事故に遭遇してしまったときはほとんどの方が
まず保険会社に相談をするのではないでしょうか?

 

そして保険会社に相談後任せきりになっちゃうケースが多いわけですが

 

保険会社は保険会社基準で損害賠償金の算定が行われることがほとんどなんですね。

 

ここで問題となってくるのはその算定された
損害賠償金が果たして妥当なものなのかということ

 

事故に遭遇したあなたや、あなたの家族が
納得ができる金額が提示されているのか?ということ

 

実は、交通事故の示談金って

 

弁護士に相談や依頼をするのとしないのとで
倍以上金額が変わる可能性もあるんですね。

 

もしあなたが交通事故に遭遇して
保険会社と示談交渉をする必要が生じた場合は

 

まず最初に弁護士に相談してみることがベストです。

 

 

交通事故示談弁護士

 

 

というのは、一度示談すると覆すことが困難で
例えば、あなたが被害として50万程度の内容で示談が成立した後に

 

納得できないと訴えたとしても一度示談書・示談を取り交わした後に
その内容を覆すことは非常に難しくなります。

 

まず無理といっても過言ではありません。

 

逆に考えてみてあなたが加害者側より

 

示談した50万で納得できないので30万に変更をしてくれ
といわれて応じることができますか?ということ

 

例外として示談交渉の段階ではわからなかった
示談成立後に後遺症が発生した場合などは

 

後遺症分の賠償を求めることは不可能ではありませんが

 

一度示談が成立をしているという点から
支払いがされない可能性もあるんです・・

 

繰り返しますが一度示談書・示談を取り交わした後に
その内容を覆すことは非常に難しくなります。

 

ですので、交通事故に遭遇した際には示談の前に
弁護士に相談してみることって大事なんですね。

 

保険会社の基準で算定された損害賠償金の額で
納得できないなら示談をせずにまず弁護士に相談しましょう。