リスク細分型自動車保険とは

リスク細分型自動車保険

 

 

リスク細分型自動車保険のリスクとは
個々の保険料を算出する基準と考えればよいですね。

 

つまり、私たちは保険会社にリスクによって区分されているということ。
過去の事故歴や所有している車種などを基準に

 

リスクの少ない人には保険料を安く、リスクの高い人には保険料をそれなりに負担して頂きましょうという考え方がリスク細分型

 

保険業法施行規則によると

  • 年齢
  • 性別
  • 運転歴
  • 営業用、自家用その他自動車の使用目的
  • 年間走行距離その他自動車の使用状況
  • 地域
  • 自動車の種別
  • 自動車の安全装置の有無
  • 自動車の所有台数

上記9個の項目で保険料に差をつけてもよいとされています。

 

ダイレクト型自動車保険のテレビCMでも流れているように

 

年間走行距離が少なければ保険料が安くなるのも
リスク細分型のひとつといえるわけですね。

 

週末しか自動車を使わない人や
家族限定でしか自動車を使わない人など

 

割引が適用されることもリスク細分型というわけです。

 

 

要は、人によって自動車を使う状態が異なるのに保険料は同じくらいといった欠点をカバーするためにリスク細分型がスタートしたと考えればよいでしょう。


 

基本的にリスクが低ければ保険料は割安に
逆にリスクが高ければ保険料も割高になると考えればよいですね。

 

保険会社にしてみればリスクの低いドライバー
事故を起こす危険性の低い人に契約してもらうのがベストですので

 

私たちも事故のない安全運転を継続することで
自らの保険料を毎年安くしていくことができるわけですね。