◆自己啓発・ビジネスを講演CDで学ぶパワーレクチャーは、 経営者、管理職、ビジネスパーソン、コンサルタント、会計士、税理士、医師など、各分野のリーダーが、ビジネスに、人生に役立てている日本最大級の講演CD制作・販売会社です。

今 話題の自己啓発・ビジネスの講演CD

2017年08月16日(水)

加藤創太:財政と民主主義 ポピュリズムは債務危機への道か 著者【講演CD】

1000兆円を超す日本の財政赤字。まさに「危険水域」である。経済財政の専門家が、この膨大な財政赤字の解決を怠れば民主主義の根幹をも揺るがすと警告。 講演CDタイトル 民主主義は財政破綻への道か?~自民党政治と財政ポピュリズム~ 加藤創...

2017年08月09日(水)

中西準子:原発事故と放射線のリスク学 著者【講演CD】

あらゆる技術が日進月歩する現代。それに伴うリスクも見逃せない。しかし全てに「ゼロリスク」を求めるのは不合理、と環境問題の研究家が科学的に指摘する。 講演CDタイトル 現代科学社会に不合理な「ゼロリスク」の追求 中西準子氏(産業技術総合研...

2017年07月31日(月)

望月由孝氏:教育実習を考える 著者【講演CD】

読書は面白い、役に立つ―若者にはこれが分からない。子ども時代に読書の大切さを徹底的に教えていない教師の役割も大きい、と講師は説く。   講演CDタイトル 若者の活字離れを憂う~読書の面白さ・大切さを教える教師の役割~ 望月由孝...

2017年07月21日(金)

柯隆氏:爆買いと反日 ―中国人の不可解な行動原理 著者【講演CD】

「一帯一路」は昔のシルクロードの現代版といわれ、東アジアから中東⇒欧州まで中国主導の一大経済圏を築くのが狙い。中国問題の専門家がその背景と狙いを解説する。 講演CDタイトル 中国の「一帯一路」戦略と日本の対応 柯隆氏(富士通総研経済研究...

2017年07月19日(水)

秦郁彦:昭和史の謎を追う 著者【講演CD】

戦後72年の今日に至るまで東京裁判については今もいろんな議論がある。現代史研究家が、戦後の日本の体制に大きな影響を与えた裁判に改めて光を当てる。 講演CDタイトル 戦後72年を経て東京裁判を再考する 秦郁彦氏(現代史家)昭和史の謎を追う...

2017年07月18日(火)

山本博文:天皇125代と日本の歴史 著者【講演CD】

昭和天皇が2018年で退位する方向にあるなか、125代にわたる天皇制の特徴とそれぞれの時代に光を当てて解説し天皇制の歴史をヒモ解く。 講演CDタイトル 歴史に学ぶ~「天皇125代と日本」~ 山本博文氏(東京大学史料編纂所教授)天皇125...



【今週の講演CD】
◆2017年8月第3週
加藤創太

■講演CD テーマ
民主主義は財政破綻への道か?~自民党政治と財政ポピュリズム~

■加藤創太氏(東京財団常務理事・国際大学教授)
1000兆円を超す日本の財政赤字。まさに「危険水域」である。経済財政の専門家が、この膨大な財政赤字の解決を怠れば民主主義の根幹をも揺るがすと警告。

>>>詳しくはこちら

 

 


【最近の講演】

◆2017年8月第2週

中西準子中西準子

■講演CD テーマ
現代科学社会に不合理な「ゼロリスク」の追求

■中西準子氏(産業技術総合研究所名誉フェロー)
あらゆる技術が日進月歩する現代。それに伴うリスクも見逃せない。しかし全てに「ゼロリスク」を求めるのは不合理、と環境問題の研究家が科学的に指摘する。

>>>詳しくはこちら

 

◆2017年8月第1週

■講演CD テーマ
若者の活字離れを憂う~読書の面白さ・大切さを教える教師の役割~

■望月由孝氏(立正大学非常勤講師)
読書は面白い、役に立つ―若者にはこれが分からない。子ども時代に読書の大切さを徹底的に教えていない教師の役割も大きい、と講師は説く。

>>>詳しくはこちら

 

◆2017年7月第4週

■講演CD テーマ
中国の「一帯一路」戦略と日本の対応

■柯隆氏(富士通総研経済研究所主席研究員)
「一帯一路」は昔のシルクロードの現代版といわれ、東アジアから中東⇒欧州まで中国主導の一大経済圏を築くのが狙い。中国問題の専門家がその背景と狙いを解説する。

>>>詳しくはこちら

 

◆2017年7月第3週

■講演CD テーマ
戦後72年を経て東京裁判を再考する

■秦郁彦氏(現代史家)
戦後72年の今日に至るまで東京裁判については今もいろんな議論がある。現代史研究家が、戦後の日本の体制に大きな影響を与えた裁判に改めて光を当てる。

>>>詳しくはこちら