車検(自動車検査登録制度)についても詳しく知っておきたいですよね

車検基礎知識

 

 

自動車を持っていると自動車保険同様に
車検についても詳しく知っておきたいところです。

 

必ず受けなければならないのが車検ですので
料金とか整備内容などきちんと把握しておきたいですね。

 

車検とは正式には「自動車検査登録制度」

 

法令で定められた保安基準に適合しているかどうかの車両検査
自動車の安全確保だったり公害阻止が目的となります。

 

一般的にはこの車両検査と同時に

 

法令24ヶ月点検と車検証の更新が行われるため
一連の流れを車検と呼ぶわけですね。

 

新車購入時は3年目、以降は2年に1回
定期的に検査が義務付けられています。

 

 

車検にかかる費用は以下の2つに分類

法定費用

自賠責保険料・自動車重量税・印紙代

その他諸費用

検査手数料・整備量・引取り、納車手数料・代車費用など

 

法定費用に関しては法律で定められた金額となりますので
どの業者で車検を受けても費用は変わりません。

 

ですので、車検費用を安く済ませたい場合は
その他諸費用を事前に見積もりをとって比較してみるとよいでしょう。

 

特に整備料の部分ですが整備の内容や部品代
作業工賃によって業者ごとに違ってきますから

 

どんな整備をするのか?きちんと説明を受けた上で
良心的にやってくれる業者選びが大切です。

 

ネットで車検を比較するなら

楽天車検

 

 

例えば楽天車検のようなサイトから近くの業者を比較して
見積もりを依頼してみるのもひとつの方法でしょう。

 

楽天といえば通販から銀行、クレジットカード
携帯電話や電気ガスの切り替えなど何でもそろっていますよね。

 

利用に応じてポイントが貯まることが最大のメリットでしょう。
車検でもポイントがもらえますよ。

 

EPARK車検でもネット見積もりや申し込みができて利用されています。

 

緑ナンバー、黒ナンバーのトラックなど事業用の自動車なら
はたらくクルマの自動車保険で見積もりできるようになっていますね。

 

ユーザー車検

車検ネット見積もり

 

 

補足としてユーザー車検という方法もありますが・・

 

つまりあなた自らが国の検査場で車検を受けるわけですが
ユーザー車検なら法定費用のみで安くはなります。

 

ただし、高い自動車の知識や整備の技術がないと
自分の手に負えない不具合が見つかった場合二度手間になります。

 

ですので、やはり業者に依頼するほうが安心だといえますが

 

事前に見積もりを取って整備内容の確認など
きちんと説明をうけて納得の上で業者を選びたいですね。

 

うっかり車検切れの車を運転していると
罰金や懲役刑が課せられるケースもありますので

 

車検が切れた車の運転は絶対しないでくださいね!