吉原欽一氏:アメリカ人の政治 著者【講演CD】


最近、米中両国の政治経済での接近が目立つなか「G2」の流れが定着するのか。両国の事情に精通する講師が、その本質を見抜き日本の戦略を示す。


講演CDタイトル
米中「G2」体制で世界は回るか〜日本のとるべき戦略は〜
吉原欽一氏(アジアフォーラム・ジャパン専務理事)アメリカ人の政治 著者

 

 

吉原欽一
吉原欽一

■講演CDの主な内容

吉原欽一氏は米中の政治関係者に幅広い人脈を持ち、
両国の政治やアジア問題に詳しい。

吉原氏は台頭する中国と超大国米国との狭間で日本の
「立ち位置」と戦略について話を進めた。

日米関係を「日本外交の重要な柱」と位置づけ、
鳩山民主新政権とオバマ政権との今後に注目するとともに、
7月下旬にワシントンで聞かれた 米中戦略・経済対話が
日米経済に与える影響を真剣に考えるべきだと指摘した。

また米国の対日認識調査で、価値観を共有するとの調査は
「今や英国、ドイツと変わらないほど高い」とし、
対中認識に比べて米国の対日認識が格段に高いことを紹介した。

ただアジア地域の中でどの国が米国にとり
最も重要なパートナーか、との設問に対して
米国の有識者の答えは日本44%、中国42%とほぼ桔抗しており、
経済面を中心にした米中の接近をうかがわせる。

オバマ大統領は
「アジア政策、特に中国との取り組みに悩んでいる」といい、
成長する中国にオバマ政権が
「ジレンマを持っている」との認識を示した。

ただ7月の米中戦略・経済対話でオバマ大統領が
「米中関係が21世紀の形を作る」と挨拶し、
中国を最大限に持ち上げたことについて
「見事なまでのパフォーマンス。

日本の鳩山首相も気をつけたほうがいい」と、
オバマ一流のパフォーマンスに惑わされないよう求めた。

鳩山政権は米中関係の新たな緊張関係が
視野に入っていないと指摘し
「安全保障の要諦は日本の国益を守ることにあり、
戦略的国益を重視する必要がある」と力説した。

吉原欽一
吉原欽一

【プロフィール】吉原欽一氏(よしはら・きんいち)

1954年生まれ。
成蹊大学大学院法学政治学研究科博士後期課程満期退学。
91年中国国務院直属で国際関係では
中国最大級のシンクタンク中国現代国際関係研究室で
日本人初の客員研究員となる。
06年上海華東師範大学名誉教授
また米ジョンズ・ポプキンス大学ポールニッツ高等国際問題研究大学院の
客員研究員を努めるなど米中の政治関係者に幅広い人脈を持つという。

著書は
「アメリカ人の政治」(PHP新書)
「アメリカ外交の諸潮流」(共著=日本国際間題研突所)
「現代アメリカ政治を見る眼」(日本評論社)
「現在アメリカの政治権力構造」(同)
「米国民主党」(日本国際問題研究所)
など。


■講演CDの要点

最近、米中両国の政治経済での接近が目立つなか「G2」の流れが定着するのか。両国の事情に精通する講師が、その本質を見抜き日本の戦略を示す。


【講演CDのご購入はこちら】
米中「G2」体制で世界は回るか〜日本のとるべき戦略は〜
吉原欽一(アジアフォーラム・ジャパン専務理事)

【2009年10月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す