富坂聰:中国を毒にするも薬にするも日本次第 著者【講演CD】


宇宙開発や深海底探査など大型プロで国威発揚を狙う中国もここへ来て経済成長が鈍化。さらに社会保障制度の不備などは深刻。中国専門家がその実態に迫る。


講演CDタイトル
驚くべき強さと弱さが同居する中国〜日本の対中戦略を提示する〜
富坂聰氏(ジャーナリスト)中国を毒にするも薬にするも日本次第 著者

 

 

富坂聰
富坂聰

■講演CDの主な内容

富坂氏は北京大学に学んだ実績もあり中国の事情に詳しい。

中国は弱いところを一杯抱えている。

そこを理解して付き合えば
日本にとって悪いことばかりではない。
ただ中国には難問が山積している。

中国は国威発揚のために今年2つのことをやった。

1つは宇宙開発。
手動によって衛星のドッキングに成功し、
米ロに次いで3番目の宇宙大国になったと自負。
2020年までに
独自の宇宙ステーションの打ち上げを目指している。

またマリアナ諸島では探査機が
7000mの世界最深の深海まで到達した。

中国の強い部分は
最先端に目標を立てて達成することだ。

経済の強さを世界に見せ付けたのは
08年のリーマンショックの際、
4兆元(約60兆円)の財政出動をしたこと。

これで世界経済を救えるのは中国との認識が広まり、
存在感を増した。

いま中国ではバブル崩壊も出ており
これから確実に弱っていく。
今年は既にその一歩を踏み出したといえる。
いま学生にとっては就職氷河期ともいわれる。

中国のブランドを見ても
日本人の生活のなかで買いたいものは一つもない。

経済構造では製造業からサービス産業への
転換を図っている。

強みだった人口ボーナス(14~64歳までの労働人口)も
2015年ごろには減少に転ずると見られている。

中国では経済を牽引する個人消費が
GDP比30%程度と低い。
将来に対する不安から
貯蓄を優先してカネを使わないからだ。

年金など社会保障や医療保険制度も不備で
国民は不安を持っている。

富坂聰
富坂聰

【プロフィール】富坂聰氏(とみさか・さとし)

1964年生まれ。
北京大学中文系中退、
週刊ポスト、週刊文春記者を経て独立し
ジャーナリストとして国内外の各種情報を発信。

94年には第1回21世紀国際ノンフィクション大賞
(現在の小学館ノンフィクション大賞)優秀作を
「龍の『伝人』たち」で受賞。

著書は
「中国を毒にするも薬にするも日本次第」(飛鳥新社)
「中国マネーの正体」(PHPビジネス新社)
「中国が予測する北朝鮮崩壊の日」(文春新書)
「もし、日本が中国に勝っていたら」(文春新書)
など多数。


■講演CDの要点

宇宙開発や深海底探査など大型プロで国威発揚を狙う中国もここへ来て経済成長が鈍化。さらに社会保障制度の不備などは深刻。中国専門家がその実態に迫る。


【講演CDのご購入はこちら】
驚くべき強さと弱さが同居する中国〜日本の対中戦略を提示する〜
富坂聰(ジャーナリスト)

【2012年09月第4週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す