高橋久仁子:「健康食品」ウソ・ホント 著者【講演CD】

 


現代はサプリメントの名のもとに「健康食品」が大量に出回る。健康と食物の関係を研究する学者が、本モノとウソの違いを科学的に解説し利用者の注意を喚起する。


講演CDタイトル
「健康食品」で健康が買えますか?
高橋久仁子氏(群馬大学名誉教授)「健康食品」ウソ・ホント 著者

 

 

高橋久仁子
高橋久仁子

■講演CDの主な内容

高橋久仁子氏は群馬大学教育学部で26年間にわたり食生活教育を担当。
近著「『健康食品』ウソ・ホント」が関心を呼んでいます。

最近はサプリメントと称して「健康食品」が蔓延しています。
しかし過大広告などによって利用者を煽り、
却って健康被害をもたらした事例も報告されている。
高橋氏はそうした「健康食品」信奉の風潮に強く警鐘を鳴らしています。

まず国が「機能表示しても良い」と認めた「保健機能食品」以外の、
いわゆる「健康食品」の問題性について指摘。

高橋久仁子
高橋久仁子

何らかの健康効果を期待して経口摂取する商品を「健康食品」と称していますが、
高橋氏はその問題性を10項目に分類して解説します。

1.有害物質の含有
2.医薬品成分の含有
3.一般食品成分でも病態によっては有害
4.高齢者の代謝によって過剰な負担
などを挙げます。

特に高齢者の代謝に負担をかける問題では、
高齢者は身体機能全般、肝機能や腎機能、体温調節機能、抵抗力が弱っており、
「健康食品」を利用したとき、それに含まれている物質をスムーズに代謝できずに
問題を引き起こすことがあると警告。

さらに「健康食品」がほのめかす「効能・効果」を信じて
合併症や糖尿病などを悪化させる事例も紹介し
「健康食品」の宣伝に惑わされないよう注意を喚起しました。

高橋久仁子
高橋久仁子

【プロフィール】高橋久仁子氏(たかはし・くにこ)

1949年生まれ。
1972年日本女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業。
1978年同大学院家政学研究科食物・栄養学専攻修士課程修了。
1982年東北大学大学院農学研究科食糧化学専攻博士課程修了。

1988年群馬大学教育学部助教授、
1996年同教授、
2014年定年退職し名誉教授。
同年4月から「食品の広告問題研究会」主宰。


■講演CDの要点

現代はサプリメントの名のもとに「健康食品」が大量に出回る。健康と食物の関係を研究する学者が、本モノとウソの違いを科学的に解説し利用者の注意を喚起する。


【講演CDのご購入はこちら】
「健康食品」で健康が買えますか?
高橋久仁子(群馬大学名誉教授)

【2017年08月第4週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す