鈴木愽毅:失敗の本質 著者【講演CD】


グローバル時代にはビジネス戦略の展開が企業の命運を左右する。戦略論の専門家が、孫子など歴史上の戦略を紹介し現代に如何に活かすかを探る。


講演CDタイトル
孫子、ナポレオン、ドラッカー等に見る戦略論〜いま甦る「宝の山」〜
鈴木愽毅氏(エム・ピーエス・コンサルティング代表)失敗の本質 著者

 

 

鈴木愽毅
鈴木愽毅

■講演CDの主な内容

鈴木博毅氏はビジネス戦略論や組織論の分析などを通じて
イノベーションのヒントを追究しています。
この講演を通じて多くのビジネス・ヒントを提供した。

まず歴史や過去の戦略を学ぶ意義について
「今おこなっていることが
長期的にメリットかデメリットかを予測できる」とする。

具体的には未来予測ができる、
現在の道が正しいかどうかを
考える反省材料になる。

その上で
「戦略は道具であって目的ではない。
目標があるから戦略が意味を持つ」と説く。

戦略の効果・可能性について具体例を挙げて説明し、
戦略の4つの側面を挙げた。

①現在の成果を最大化する
②効果的な変化、イノベーションを導入する
③古い戦略(方法)を手放す
④成長性を継続する。

鈴木愽毅
鈴木愽毅

①の現在の成果を最大化することは
現有の人員で如何に業績を上げるかということ。

例として東方遠征で大帝国をつくった紀元前4世紀の
アレクサンダー大王を挙げる。

彼は部下を挑戦させ続けた。
一般的な人間は小さな成功で満足し
更なる挑戦にブレーキを掛けるため
挑戦し続けることの意義を説いた。

ナポレオンは部下に対し
自分のため自由のために戦う意識を持たせ、
身分や家柄ではなく実力本位で昇進させた。

また目標ごとに組織や制度を変え活力を維持したという。

またマーケットの3つの基本パターンも示した。
①強みを変えず顧客を変える
②強みを変えて顧客は変えない
③強みを変え顧客も変える。

「マーケットは固定したものではなく
自分たちの行動でいくらでも変えられる」
などとポイントを紹介した。

鈴木愽毅
鈴木愽毅

【プロフィール】鈴木愽毅氏(すずき・ひろき)

1972年生まれ。
慶応大学総合政策学部卒後、
貿易商社に勤務しカナダや豪州の資源輸入業務に従事。

さらに国内のコンサルティング会社を経て独立。
戦略論や企業史を分析し、
新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークにする。

多数の企業の戦略策定と変革に携わる。

顧問先には顧客満足度1位の会社や
特定業界で国内シェア1位の企業など成功事例多数。
ビジネス戦略、組織論、コンサルティングが専門。

著書は
鈴木博毅氏の名著
「失敗の本質」を分かり易く現代ビジネスマン向けにエッセンス化した
「『超』入門 失敗の本質」は14万部を超えるベストセラーに。

戦略系の最新刊は人類3000年の戦略をエッセンス化した「戦略の教室」、
「企業変革入門」
「ガンダムが教えてくれたこと」
「シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術」(いずれも日本実業出版社)
「空気を変えて思いどおりに人をうごかす方法」(マガジンハウス)
など多数。


■講演CDの要点

グローバル時代にはビジネス戦略の展開が企業の命運を左右する。戦略論の専門家が、孫子など歴史上の戦略を紹介し現代に如何に活かすかを探る。


【講演CDのご購入はこちら】
孫子、ナポレオン、ドラッカー等に見る戦略論〜いま甦る「宝の山」〜
鈴木愽毅(エム・ピーエス・コンサルティング代表)

【2015年04月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す