菅沼光弘:この国の権力中枢を握る者は誰か 著者【講演CD】


かつて公安調査庁に勤務し調査部長としてわが国の権力中枢にも関与してきた講師が、権力中枢の実態に迫り、この国を動かす権力構造の本質を解明する。


講演CDタイトル
誰がこの国の権力中枢を握るのか
菅沼光弘氏(アジア社会経済開発協力会会長・元公安調査庁調査部長)この国の権力中枢を握る者は誰か 著者

 

 

菅沼光弘
菅沼光弘

■講演CDの主な内容

菅沼氏は大学生時代、
旧日本陸軍で対ソ情報活動に携わった
一人の人物との出会いが、
後に公安調査庁で情報収集活動に
取り組むきっかけになったという。

その人はソ連駐在武官などを務め
第2次大戦中は大佐として
ソ連の情報収集に取り組んだ。

戦後の昭和30年代初めに菅沼氏は、
公安調査庁参事官・資料課長になっていたその人と
飲食をともにしながら情報収集活動の話を聴いて
「これぞ男の仕事」と感銘する。

それを契機に公安調査庁に入って国際共産運動や
朝鮮半島の情報活動に当たることになる。

そしていま痛感することは
「先進国で日本だけが中央情報機構を持たない」
ことへの強い懸念である。

外交問題にとどまらず
国家にとって情報がないところで政策展開することは
「国家の破滅になる」との思いを語る。

日本が敗戦から立ち直り経済大国に発展できたのも
米ソ冷戦時代において
米国が日本のソ連陣営入りを阻止するため
「保護した結果」との認識だ。

世界が「弱肉強食時代に入った今」こそ、
中央情報機構の必要性を説く。

また講演では今回の東日本大震災による
福島第一原発事故と
国際テロの関係についても強い懸念を示した。

福島原発事故で
「原発の仕組みが全部公開された結果、
どう攻撃すれば原発が壊れるかが分かってしまった」という。

このため
「福島原発事故のあと注目されるのは
核・放射能テロへの危険性」を指摘する。

さらに核保有国の思惑や食料、
エネルギー危機に関する問題などについても自説を展開した。

菅沼光弘
菅沼光弘

【プロフィール】菅沼光弘氏(すがぬま・みつひろ)

1936年生まれ。
59年東京大学法学部卒、
61~63年ドイツ・マインツ大学でドイツ政治史や政党史を研究。
64年から法務省公安調査庁に勤務し
国際共産主義運動の調査・研究などを行う。

総務部資料課長や研修所長を経て
90年に同庁調査第2部長となり
国際政治軍事・社会経済動向の調査研究、
特にソ連・ロシア、中国、朝鮮半島情勢に関する情報収集、分析を総括。

95年退官後はアジア社会経済開発協力会会長に就任し、
アジア諸国との経済・文化交流に取り組む。
国際政治・社会経済活動に関する評論活動や
北朝鮮拉致問題、国際テロ、国際インテリジェンス活動の講演など行う。

著書は
「この国の権力中枢を握る者は誰か」(徳間書店)
「守るべき日本の国益」(青志社)
「日本はテロと戦えるか」(フジモリ元ペルー大統領と共著=扶桑社)
など。


■講演CDの要点

かつて公安調査庁に勤務し調査部長としてわが国の権力中枢にも関与してきた講師が、権力中枢の実態に迫り、この国を動かす権力構造の本質を解明する。


【講演CDのご購入はこちら】
誰がこの国の権力中枢を握るのか
菅沼光弘(アジア社会経済開発協力会会長・元公安調査庁調査部長)

【2011年12月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)

※ご好評につき、完売しました。


コメントを残す