柴谷晋:ラグビー日本代表監督エディー・ジョーンズの言葉 著者【講演CD】


昨年10月ラグビー・ワールドカップでの日本代表の活躍でラグビー人気に火が着いた。その魅力をラグビーに関わる講師が、指導者像も含めて語る。


講演CDタイトル
ラグビーの魅力〜戦略性と集中突破力〜
柴谷晋氏(東芝ラグビー部パフォーマンスアナリスト)ラグビー日本代表監督エディー・ジョーンズの言葉 著者

 

 

柴谷晋
柴谷晋

■講演CDの主な内容

柴谷晋氏は上智大学在学中、ラグビー選手を目指してフランスに留学。
名門ラグビークラブの21歳以下チームで活躍。
しかし帰国直前に突発性難聴になりラグビーを断念。

帰国後は転職を重ねていたが、
聴覚障害者(デフ)ラグビーの存在を知りデフラグビーでプレー。

2002年デフラグビー世界大会の日本代表に選ばれ
強豪を破って準優勝。
以来、中学や高校、大学でラグビーの指導者として実績を積む。

今回の講演では聴覚者障害ラグビー育ての親・長田耕治、
2019年のワールドカップ日本誘致に尽力した
アジアラグビー協会会長・徳増浩司、
前日本代表コーチのエディ・ジョーンズの3人を例に
ラグビーの魅力や指導者像を語った。

柴谷晋
柴谷晋

長田氏は出版社のカメラマンとして
ラグビーの魅力を撮り続け誌面で紹介。

1994年にニューヨークでデフラグビーの存在を知り
日本でもチーム結成を呼び掛けた。

「私もデフラグビーに救われた一人」と柴谷氏は
デフラグビーが人生の転機という。

徳増浩司氏はウェールズの試合を見てその強さに驚き
ウェールズにコーチ留学。
ウェールズ仕込みのラグビーを日本に導入し
日本ラグビー強化の基礎を築いた。

茗渓学園高の英語教師やラグビー部監督で89年には全国優勝。
「アジアラグビーの強化」に執念を燃やす。

エディ・ジョーンズは全日本コーチとして
昨年のワールドカップで強豪の南アを破り
「史上最大の番狂わせ」と世界を驚かせた立役者。

常に「勝って結果を出すにはどうすればいいかを追究し」
プロフェッショナルに徹する。

まず体力強化を徹底し
「選手に言ったことは自分でも必ず実行する」など
自ら先頭に立ち信念を貫く。

柴谷晋
柴谷晋

【プロフィール】柴谷晋氏(しばたに・すすむ)

1975年生まれ。
上智大学外国語学部フランス語学科卒。
在学時にフランスに留学し
名門ラグビークラブに所属して21歳以下チームでプレー。

帰国直前の突発性難聴により左耳の軽度難聴に。

卒業後は広告代理店でのコピーライターを経て
ノンフィクションライターに。

コピーライター時代の2002年には
デフラグビー日本代表として世界大会に出場。

7人制の部で強豪を破って準優勝。

以来、ノンフィクションライターとして執筆活度を行う。

2007年から茗渓学園中学校高等学校の英語教員や
ラグビー部コーチを務める。

その後上智大学ラグビー部ヘッドコーチを経て
現在は東芝ラグビー部のパフォーマンスアナリストを務める。

著書は
「静かなるホイッスル」(新潮社)
「出る杭を伸ばせ」(同)
「ラグビー日本代表監督エディー・ジョーンズの言葉」(べースボールマガジン社)
など。


■講演CDの要点

昨年10月ラグビー・ワールドカップでの日本代表の活躍でラグビー人気に火が着いた。その魅力をラグビーに関わる講師が、指導者像も含めて語る。


【講演CDのご購入はこちら】
ラグビーの魅力〜戦略性と集中突破力〜
柴谷晋(東芝ラグビー部パフォーマンスアナリスト)

【2016年06月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す