佐藤 賢:習近平時代の中国―一党支配体制は続くのか 著者【講演CD】


来年以降、指導部が胡錦涛体制から習近平体制に移行する中国。内政・外交はどう変化するのか。中国勤務経験もあるジャーナリストが、その方向を解説する。


講演CDタイトル
習近平時代の中国――ポスト胡錦涛の内政と日米中関係
佐藤 賢氏(日本経済新聞社編集局政治部記者)習近平時代の中国―一党支配体制は続くのか 著者

 

 

佐藤 賢
佐藤 賢

■講演CDの主な内容

佐藤氏は今年3月まで中国に勤務し
中国の政治・経済・安全保障などを取材、
それを踏まえて習近平時代を解説し予測した。 <講演要旨>

2008年12月に重要発言があった。

「中国の執政地位は永遠ではない」と言うもの。

これは中国共産党は永遠に不滅である
ということを否定したもので、
胡錦涛国家主席の発言だ。

2012年の共産党大会で胡錦涛総書記が退き
習近平国家副主席が総書記に就く。

13年には国家主席になり、
順調にいけば12年から22年までは
習近平時代が続くと言える。

22~32年がポスト習近平時代に入り、
この間に一党体制が見直され共産党一党支配が崩れる
との見方も中国の識者の中にはある。

昨年12月にノーベル平和賞を受けた
劉暁波氏に聞いたところ、
利用者が5億人に達するインターネットが
民主化運動を後押ししており、
大衆からの民主化の動きと
共産党指導部からの民主化の
2つの動きが考えられるという。

その場合、
基本的人権が政治体制の問題になると見ていた。

それにしても中国の腐敗は深刻だ。
幼稚園でも病院でも賄賂が横行している。

こうした負の一方で
資産としての中国の経済力が最大のカギだ。

2020年頃にはGDPがアメリカを抜いて世界1になり
米中が逆転する見通しにある。

習近平時代の外交は国際協調路線をとりながら
時に強硬姿勢に転じるだろう。

国際摩擦を恐れず権益を守るとの見方が多い。
中国が今後、国際協調路線に進むと見るのは間違い。
なぜなら中国は「核心的利益」を最優先に考えているからだ。

佐藤 賢
佐藤 賢

【プロフィール】佐藤 賢氏(さとう・まさる)

1973年生まれ。
95年東北大学経済学部卒と同時に日本経済新聞社に入社。
政治部で自民党、民主党、外務省、防衛庁(現防衛省)などを担当。
2002―03年北京大学留学。
07年から011年3月まで中国総局(北京)に勤務し
中国の政治、外交問題などをジャーナリストの目で深く取材し、
ナマ情報を提供してきた。
帰国後は政治部記者として与党民主党の担当として最前線で活躍。

著書は
「習近平時代の中国 一党支配体制は続くのか」(日本経済新聞出版社)


■講演CDの要点

来年以降、指導部が胡錦涛体制から習近平体制に移行する中国。内政・外交はどう変化するのか。中国勤務経験もあるジャーナリストが、その方向を解説する。


【講演CDのご購入はこちら】
習近平時代の中国――ポスト胡錦涛の内政と日米中関係
佐藤 賢(日本経済新聞社編集局政治部記者)

【2011年11月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す