坂田豊光:ドル・円・ユーロの正体―市場心理と通貨の興亡 著者【講演CD】


基軸通貨のドルは揺らぎ、ユーロは欧州債務危機により信頼性を欠く。 円高を余儀なくされる日本はデフレに悩むなか金融アナリストが主要通貨の正体に迫る。


講演CDタイトル
「ドル・円・ユーロの正体」〜基軸通貨なき時代が来るのか〜
坂田豊光氏(国際金融アナリスト・中央大学大学院講師)ドル・円・ユーロの正体―市場心理と通貨の興亡 著者

 

 

坂田豊光
坂田豊光

■講演CDの主な内容

坂田氏は外資系銀行などを経て
金融アナリストとして活動するとともに
大学でも外国為替論や国際投資論を教える。

講演ではドル・円・ユーロの実態を
国際経済・金融面から浮き彫りにし、
将来それぞれ基軸通貨としての役割を
果たせるかどうかを展望した。

ドルについては
「一定の基軸通貨として当分続くだろう」と予測。

アメリカと新興国との関係の強さやドルに代わる
国際通貨が存在しないことを理由に挙げた。

さらにアメリカの政治的、経済的、軍事的な背景も
ドルを基軸通貨として支える要因だとみる。

円については外国為替市場での円取引は
9%(ドル43%、ユーロ23%)と低く
「国際通貨としての力はない」と言い切った。

その背景には円がアジア地域でも
「基軸通貨になっていない」現実も
見逃せないからだ。

また日本の経常収支が
一時期の大幅黒字から減少傾向に転じて
今後数年以内には赤字に転落する懸念も強く、
円の基軸通貨への道を狭めている。

一方、ユーロはギリシャ、スペイン、イタリアなど
南欧各国の債務危機で加盟国の結束の乱れを露呈して
国際基軸通貨としての
絶対的な信認が得られていないとみる。

特にユーロ導入の際に加盟各国が
物価の安定と為替相場の安定を最優先し
「財政規律のタガを緩めた」ことも
今日の債務危機の背景にあると分析。

ただ「将来は基軸通貨となり得るかもしれない」
と期待を寄せた。

中国の人民元は将来基軸通貨となるにしても
「周辺国との取引に限定されるだろう」と展望した。

坂田豊光
坂田豊光

【プロフィール】坂田豊光氏(さかた・とよみつ)

1952年生まれ。
中央大学大学院経済学研究科修士課程修了。
大和證券投資信託委託、
スイス銀行(現UBS)、
ナショナル・ウェストミンスター銀行(現RBS)など勤務の後、
独立して国際金融アナリストに。

2004年から中央大学経済学部・同大学院経済学研究科兼任講師。
中央大学経済研究所客員研究員も務める。

著書は
「ドル・円・ユーロの正体―市場心理と通貨の興亡」(NHK出版)
「欧州通貨統合のゆくえ」(中央公論新社)
「総説 外国為替マネージメント」(シグマベイスキャピタル)
など。


■講演CDの要点

基軸通貨のドルは揺らぎ、ユーロは欧州債務危機により信頼性を欠く。 円高を余儀なくされる日本はデフレに悩むなか金融アナリストが主要通貨の正体に迫る。


【講演CDのご購入はこちら】
「ドル・円・ユーロの正体」〜基軸通貨なき時代が来るのか〜
坂田豊光(国際金融アナリスト・中央大学大学院講師)

【2012年08月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す