中西寛:国際政治とは何か―地球社会における人間と秩序 著者【講演CD】


米国の新大統領が決まった。国際政治を研究する新進の大学院教授が、新政権発足後の世界政治の行方と潮流を読み解く。


講演CDタイトル
米新大統領誕生と世界政治のゆくえ
中西寛氏(京都大学公共政策大学院教授)国際政治とは何か―地球社会における人間と秩序 著者

 

 

中西寛
中西寛

■講演CDの主な内容

中西寛氏は国際政治学者として日本外交や安全保障問題などを鋭く論及しています。

今回の米大統領選では民主党のオバマ氏が当選したが
「この選挙の意味は大きく、世界史の転換点ともいえる」と評価。

その上で「いろんな角度から見てオバマ氏の当選はアメリカの勝利であり、
アメリカは今回の選挙で再生の足がかりをつかんだ」と語り、その意義を強調した。

ただ新大統領には多くの難題が待ち受けており
「何10年に1度の大きな試練に直面している」ことも事実。
アメリカ発の世界金融危機を始めアフガニスタン、イラン、
北朝鮮、対ロシア関係、中東和平、資源問題などを指摘。

内政面でも医療保険、年金改革などもが山積
「これらの問題に対処出来るかどうかがカギ」との判断を示した。

外交政策では「対欧州外交の再構築を最優先し、
アジアとの関係は急に変わることはないだろう」と予測。

従って日米、日中関係も従来の方向とそれほど変わらないだろうと見るが、
長期的には「アメリカと中国が世界を動かすことになるだろう」と述べ、
今後米中関係のウエートが一層高まるとの見通しを示した。

こうした情勢を受けて日本は如何に対応すべきか。
これまで共和党との人脈で日米関係を築いてきたが
「民主党側との人脈の再構築が必要で、その場合、
財界人や知識人らとの関係強化が求められる」と指摘。

東アジア問題でも「地域レベルでの日米の調整が必要」と語るとともに、
日本は対中政策について「考え直すべき」と述べた。

中西寛
中西寛

【プロフィール】中西寛氏(なかにし・ひろし)

1962年生まれ。
85年京都大学法学部後、
87年同大学院修士課程修了、
88~90年シカゴ大学歴史学部博士課程在籍、
91年京都大学大学院博士後期課程退学。

同大学法学部助教授、
同大学院法学研究科助教授を経て
94~95年文部省在外研究員として
イギリス、オーストラリアで研究を積む。
02年京都大学大学院法学研究科教授、
06年から現職。

著書は
「国際政治とは何か―地球社会における人間と秩序」(中公新書)
「戦後日本外交史」(共著=有斐閣)
「日本の安全保障」(同=同)
「『新しい安全保障』論の視座」(同=亜紀書房)
など。
他に論文多数。


■講演CDの要点

米国の新大統領が決まった。国際政治を研究する新進の大学院教授が、新政権発足後の世界政治の行方と潮流を読み解く。


【講演CDのご購入はこちら】
米新大統領誕生と世界政治のゆくえ
中西寛(京都大学公共政策大学院教授)

【2008年12月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す