中嶋猪久生氏:資源外交、連戦連敗 ‾アザデガン油田の蹉跌 著者【講演CD】


中東経済の専門家がイランのアザデガン油田開発に見られるように日本の資源外交の失敗例を検証し、今後の海外資源開発のあり方や外交の役割を論じます。


講演CDタイトル
連戦連敗の資源外交―アザデガン油田の教訓を生かせるか
中嶋猪久生氏(中東経済研究者)資源外交、連戦連敗 ‾アザデガン油田の蹉跌 著者

 

 

中嶋猪久生
中嶋猪久生

■講演CDの主な内容

中嶋猪久生氏は元銀行マンで、
外務省や証券会社に出向して中東にも駐在。

湾岸産油国の国営石油会社や金融機関、
オイルダラーの運用機関との取引にも従事した経験を生かして
現在は中東経済を研究しています。

アザデガン油田はイランとイラクの国境にあり、
1999年に発見されたイランの巨大油田。

日本はこの世界屈指の大油田を手がけることで
他の多くのプロジェクトにも関わりを持てると判断し、
2000年に優先開発交渉権を取得。

イラン政府との政治経済における利害が
一致した結果でもあるという。

しかし、その後、米国とイランの関係悪化に伴い、
対イラン経済制裁措置などのあおりを受けて
後退を余儀なくされ、2006年10月には操業権を返上して
10%の権益に留まる結果に。

こうした米イ関係の悪化が日本の資源外交にも
大きく影響している実態を浮き彫りにした。

特にイランの核問題やイスラエルを巻き込んだ
複雑な中東情勢が米イ関係に留まらず
国際資源外交にも影を落としているという。

日本は
「国家として長期的な資源戦略を立てるべき」
とした上で、自主開発原油比率の引き上げや
中核的石油開発会社の必要性を力説。

「石油開発の権益取得は国家ビジネスであり、
日本の経済協力を武器にした資源外交が求められる」
と指摘する。

また鳩山首相が中国首脳との会談で示した東シナ海を
「友愛の海にしたい」との発言についても
「資源外交は腹を据えてかからなければならない」
と疑問を呈した。

中嶋猪久生
中嶋猪久生

【プロフィール】中嶋猪久生氏(なかじま・いくお)

1947年生まれ。
70年一橋大学経済学部卒業後、
東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行、
支店、本店勤務の後、外務省や証券会社に出向し、
シンガポールやバハレーン支店に勤務。
1991年の湾岸戦争直後のバハレーン勤務時代には
中東産油国のオイルダラーの運用機関(現在のSWF)との取引などに従事。
退職後は明治学院大学非常勤講師などを経て現職。

著書は
「『資源外交 連戦連敗』アザデガン油田の蹉跌」(洋泉社)。
他に雑誌などへの寄稿多数。


■講演CDの要点

中東経済の専門家がイランのアザデガン油田開発に見られるように日本の資源外交の失敗例を検証し、今後の海外資源開発のあり方や外交の役割を論じます。


【講演CDのご購入はこちら】
連戦連敗の資源外交―アザデガン油田の教訓を生かせるか
中嶋猪久生(中東経済研究者)

【2009年11月第4週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す