三好良子:関係力をみがく本 著者【講演CD】


人材コンサルタントとして子ども教育から企業や自治体研修まで幅広く活動する人間関係士が、エンジョイ能力を活かしてポジティブ思考を磨くコツを伝授する。


講演CDタイトル
「人生エンジョイ能力」のすすめ〜ポジティブ思考で関係力を磨こう〜
三好良子氏(人材育成コンサルタント・人間関係士)関係力をみがく本 著者

 

 

三好良子
三好良子

■講演CDの主な内容

三好良子氏は人間力を高める
「人間関係士」として日本でもパイオニア的存在。

地域、自治体、企業、学校を始め子育て支援や
生涯教育まで幅広い分野で精力的に活動しています。

「人間関係学」とはあまり聞きなれない言葉だ。
三好氏によると社会学、教育学、心理学を統合した
「新しい領域」である。

「悩みのほとんどが人間関係によるもの」と分析し、
人生をエンジョイし、更にポジティブな生き方を提唱する。

その上で心身の機能が健全に営まれるためには
身体と知性、情緒のバランスが大事と説いた。

また業務能力と対人関係の両輪が
一緒に働くことがキーワードと指摘する。

三好良子
三好良子

これが崩れるとアンバランス、
つまりメンタルセンス不全ということになる。

これをセルフチェックし
お互いを仲間と思えるような
人間関係を築くことがメンタルを強くすると分析。

それにはお互いが「折り合う」ことが必要で
「人々は仲間だというフィーリングがあれば
メンタルヘルスに繋がる」とも。

つまり
「あなたがいたから仕事が出来る、
あなたがいるから生きられる」
など職場でも家庭でもこうした
「折り合いや妥協」が大切と語る。

エンジョイとは「今やっていることに
どれだけ楽しみを入れられるかということ」で、
楽しみ方、喜び方を周りに振りまくよう奨める。

更に現在はコミュニケーションが欠けているとし
「人間関係ではコミュニケーションが最も必要」
と強調した。

三好良子
三好良子

【プロフィール】三好良子氏(みよし・りょうこ)

1976年立教女学院短期大学幼児教育科卒、
更に78年和光大学人文学部人間関係学科を卒業し
同年日本教育事業団東京教育センターに勤務。

80年から財団法人スポーツ会館に移り企画室主任などを経て、
産業能率大学総合研究所や日鉄住金総研(株)の講師を始め
立教女学院短期大学など大学で講師を務める。

様々なジャンルの人間教育・人材育成に携わる
「人間関係士」としてのパイオニア的存在。

活動領域は自治体、企業、福祉、地域、学校、生涯学習など幅広く、
講演、研修、セミナー、テレビ出演、著作などを通じて
人間力・関係力・コミュニケーション力向上など
人材育成コンサルタントとしてパワフルに活動。

日本グループワーク・トレーニング協会理事長なども務める。

著書は
「関係力をみがく本」(日本グループワーク・トレーニング協会)
「GWTのすすめ~ヒトを人にする」(同)
など多数。


■講演CDの要点

人材コンサルタントとして子ども教育から企業や自治体研修まで幅広く活動する人間関係士が、エンジョイ能力を活かしてポジティブ思考を磨くコツを伝授する。


【講演CDのご購入はこちら】
「人生エンジョイ能力」のすすめ〜ポジティブ思考で関係力を磨こう〜
三好良子(人材育成コンサルタント・人間関係士)

【2016年05月第4週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す