宮本雄二:これから、中国とどう付き合うか 著者【講演CD】


昨年夏まで駐中国大使を務めた外交のプロが、尖閣諸島沖漁船衝突事件などでギクシャクする日中関係の現実を直視し将来に向けての真の関係構築を説く。


講演CDタイトル
新しい時代の新しい日中関係をどう築くか
宮本雄二氏(前駐中国大使・外務省顧問)これから、中国とどう付き合うか 著者

 

 

宮本雄二
宮本雄二

■講演CDの主な内容

宮本雄二氏は41年間の外交官勤務の
ほぼ半分を中国関係の仕事に従事。

特に昨年夏までほぼ4年間は駐中国大使を務め
日中関係の改善に腐心してきました。

日中関係についてはお互い相手国を理解し、
等身大の関係にすることが最も重要と指摘し
「日本と中国は仲良くする以外にない。
大国同士の隣国であり安定的な関係にすることが
日本の利益になる」
と説いた。

ただ日中関係では常に5大問題
(台湾問題、歴史問題、領土問題、
中国の海洋進出、中国の軍事力)
が付きまとうという。

外交の現場では
常にこれらの問題の処理に忙殺されており
「靖国問題も含め個別の問題を
日中関係全体に及ぼしてはならない」
と強調。

その上で
「視野を広げて世界の中の日中関係を築くことが第一」
とした。

さらに中国と日本がお互い
「どうして新しい日中関係を必要としたのか」
について、それぞれの立場から詳しく解説した。

その中で特に興味を引くのは、中国にとっての
「日本問題」は常に中国社会の安定に関係していると
中国政府が認識している、とする点だ。

戦略的互恵関係についても論じた。

中国が経済大国に発展したことを踏まえ
「今や日中双方が同時に世界の大国となったが、
両国とも世界に対する責任を自覚する必要がある」
と説く。

日中の戦略的互恵関係を進めるためには
「冷静で理性的な対応が大事」と語り、
両国民が感情的に走る傾向を戒めた。

そして相互に
理解、信頼、尊敬される国づくりを進める必要を訴えた。

宮本雄二
宮本雄二

【プロフィール】宮本雄二氏(みやもと・ゆうじ)

1946年生まれ。
68年外務省公務員採用上級試験合格、
69年京都大学法学部卒後、外務省入省。

78年国連日本政府代表部一等書記官、
81年在中国日本大使館一等書記官、
その後国連軍縮課長、外務省情報調査局企画課長、
アジア局中国課長、在アトランタ総領事、在中国公使などを経て
01年軍備管理・科学審議官(大使)、在ミャンマー大使、
04年特命全権大使(沖縄担当)、
06年~10年在中国大使、10年退官。

現在は外務省顧問、東京大学客員教授、
日中関係学会会長などを務める。

著書は
「これから、中国とどう付き合うか」(日本経済新聞出版社)


■講演CDの要点

昨年夏まで駐中国大使を務めた外交のプロが、尖閣諸島沖漁船衝突事件などでギクシャクする日中関係の現実を直視し将来に向けての真の関係構築を説く。


【講演CDのご購入はこちら】
新しい時代の新しい日中関係をどう築くか
宮本雄二(前駐中国大使・外務省顧問)

【2011年04月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す