御厨貴氏:卜部日記・富田メモで読む 人間・昭和天皇 著者【講演CD】


今やテレビ、新聞などでお馴染みの日本政治史の第一人者が、発足後100日を超えた鳩山政権の統治能力を検証し、併せて自民党の今後を占う。


講演CDタイトル
民主党に真の政権能力はあるか、自民党は再生出来るか
御厨貴氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)卜部日記・富田メモで読む 人間・昭和天皇 著者

 

 

御厨貴
御厨貴

■講演CDの主な内容

御厨貴氏は専門の日本政治史を踏まえて現在の政治情勢を分析し、
最近ではテレビ・新聞などマスコミにも頻繁に登場。

1955年体制の与党自民党対野党社会党時代や、
1993年の非自民細川政権以降の政治の流れを概括し、
今回の政権交代について解説・展望した。

結論をいえば、民主党政権に政権能力はあるか。
御厨氏の答えは「あると思う」。

自民党は再生出来るか
「再生するには時間がかかり2、3年で変わるとは思えない。
10年単位で変わって今までの自民党と全く違った党是や
党の主体となる勢力を作る必要がある」と分析した。

民主党のアキレス腱について
「労組問題と小沢一郎問題」と指摘。

労組問題では国家公安委員に前連合会長を起用したことを例に
「連合の人が民主党の人事に入っていくのは必然のこと。
連合出身の民主党勢力と小沢幹事長のつながりを
見ておく必要がある」とした。

小沢一郎問題について。
「このまま小沢幹事長が支配を続けていくと
ソ連時代のように党が国家を動かすことになり、
これがモデルになると怖い」と
「小沢独裁」に強い懸念を示した。

その上で
「民主党内に小沢さんを怖いと思っていない
30代~40代の若い人達が出てくれば少しは変わると思うが…」
と若い政治家の奮起を促す。

ただ「小沢一郎の悪魔的怖さは小泉以上の破壊の主であり、
今年の参院選で勝ち、次の地方選でも勝つと、
出来上がったものを自分から壊すことにならないという保証はない」
との見方を示した。

御厨貴
御厨貴

【プロフィール】御厨貴氏(みくりや・たかし)

1951年生まれ。
75年東京大学法学部卒
78年東京都立大学法学部助教授
88年同大教授
89年ハーバード大学イェンチン研究所客員研究員を経て
97年政策研究大学院大学客員教授
99年同教授
02年から現職。
06年からは同大学院工学系研究科建築学専攻兼務。
放送大学客員教授、日本公共政策学会会長などのほか
TBSテレビの「時事放談」キャスターなどを務める。

著書は
「卜部日記 富田メモで読む人間・昭和天皇」(朝日新聞社)
「共同研究 団塊の世代とは何か」(講談社)
「オーラル・ヒストリー入門」(岩波書店)
「宰相たちのデッサン―幻の伝記で読む日本のリーダー」(ゆまに書房)
「後藤新平大全」(藤原書店)
「日本政治外交史―転換期の政治指導」(放送大学教育振興会)
など多数。


■講演CDの要点

今やテレビ、新聞などでお馴染みの日本政治史の第一人者が、発足後100日を超えた鳩山政権の統治能力を検証し、併せて自民党の今後を占う。


【講演CDのご購入はこちら】
民主党に真の政権能力はあるか、自民党は再生出来るか
御厨貴(東京大学先端科学技術研究センター教授)

【2010年01月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す