松瀬学氏:匠道――イチローのグラブ、松井のバットを創る職人たち 著者【講演CD】


元共同通信記者として野球やサッカー、オリンピックなどを数多く取材するノンフィクションライターが、超一流選手のグローブ、バットを創る超一流の匠の真髄に迫ります。


講演CDタイトル
イチロー、松井のグラブ、バットを創る超一流の匠たち
松瀬学氏(ノンフィクションライター)匠道――イチローのグラブ、松井のバットを創る職人たち 著者

 

 

松瀬学
松瀬学

■講演CDの主な内容

松瀬学氏は元共同通信記者で野球やサッカー、オリンピックなど
国際試合を数多く取材し、現在はこれらの体験を踏まえて数多くの本を著しています。

米大リーグ・マリナーズのイチローが今年9月、9年連続200本安打の大リーグ記録の偉業を達成。

松瀬氏は「日本人がやったことはすごい。イチローは日本人の誇り」と素直に喜ぶ。
「イチローでもバットがなければ打てない。グラブが無ければファインプレーはできない。

料理人も包丁がなければ何も出来ないのと同じ」と語り、
超一流選手の使う道具はやはり超一流の職人が創る事実を詳細に明らかにしていく。
イチローや松井はこれら職人を尊敬しており「名人は名人が分かる」という。
そのイチローのバットを創るのが久保田五十一さん。

名前もイチローの背番号と同じ51。
久保田さんは松井秀喜のバットも創る。

そのバットに適した木(メープル材)を探すためカナダまで行って森を2時間も探して見つけ出す。
「いいバットになる木を捜すには山を見るに限る」との信念で「名人は第一印象を大事にする」という。

ものづくりは道具が全て。若い人には「常に道具は真心を込めて磨け」と指導し、
道具を見ればその人の性格が分かると教える。

松井のバットを創る名和民夫さん、イチローや松井のグラブを創る岸本耕作さん、
さらにイチローなどのバットを創る坪田信義さんら 匠の超一流になるまでの苦節や成功、
取り組み姿勢などを詳しく紹介した。

松瀬学
松瀬学

【プロフィール】松瀬学氏(まつせ・まなぶ)

1960年生まれ。
83年早稲田大学卒業後、共同通信社に入社。
運動部記者としてプロ野球、サッカー、大相撲、
オリンピックなどの試合を担当。
96年から4年間はニューヨーク支局に勤務
88年のソウル五輪から08年の北京オリンピックまでの夏季五輪を全て取材。
2002年に共同通信社を退社しノンフィクションライターに転進。
09年4月からBS日テレ『BSスポーツ LIVE&LIVE』のMCも務める。

著書は
「あなたが変わるまで、わたしはあきらめない~井村雅代」(光文社)
「匠道~イチローのグラブ、松井のバットを創る職人たち」(講談社)
「サムライハート上野由岐子」(集英社)
「こわ~い中国スポーツ」(ベースボールマガジン社)
「清宮革命~早稲田ラグビー再生」(新潮社文庫)
など多数。


■講演CDの要点

元共同通信記者として野球やサッカー、オリンピックなどを数多く取材するノンフィクションライターが、超一流選手のグローブ、バットを創る超一流の匠の真髄に迫ります。


【講演CDのご購入はこちら】
イチロー、松井のグラブ、バットを創る超一流の匠たち
松瀬学(ノンフィクションライター)

【2009年11月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す