増田寛也:「東北」共同体からの再生 著者【講演CD】


かつて岩手県知事や総務大臣を歴任し地域開発に精通する講師が、いま東日本大震災の復興に情熱を傾け、今後の日本経済再生のモデルケースを描く。


講演CDタイトル
東日本大震災の復興を日本再生のモデルに
増田寛也氏(元総務大臣・野村総研顧問)「東北」共同体からの再生 著者

 

 

増田寛也
増田寛也

■講演CDの主な内容

増田氏は岩手県知事や総務大臣を歴任した
豊富な体験を踏まえて、
東日本大震災からの復興を日本再生のモデルにすべく
示唆に富む力強いメッセージを発した。 <講演要旨>

東日本大震災からの復興を日本再生のモデルとして、
先人が築いた日本をより強固なものにしなければならない。

昨年11月に第3次補正予算が成立したが
本格的な復旧・復興予算はこれが初めてだ。

いま被災地で一番困っていることは仕事がないこと。
働く場を一刻も早く戻すことが大事である。

この地域はとりわけ水産業に集中投資して
復活させることが一番急がれる。
倉庫や冷凍施設などの再開である。

また高台移転など安全性を高めた
土地利用を早くまとめる必要がある。

海岸の低地に住居系の建物を建てないように制限する
土地利用の規制も重要だ。

低地帯の土地を自治体が借り上げて
住民に補償することも考えられる。

平常時の規律にとらわれると緊急時の対応が出来ない。
緊急事態では非常時モードでの対応が必要だ。

被災地は医療体制の劣化も心配である。
単に元に戻すだけではダメで創造的復興をやるべきだ。
医療でも遠隔治療が出来るような
先進的な試みを被災地に取り入れて良ければ
全国でも活用する。

今回の大震災で世界140カ国から支援をいただいた。
その支援に応えるためにも東北の首長は
共同でアジアや世界のために
貢献出来るような復興ビジョンを早急に示すべきだ。

中央防災会議では防災体制について見直す動きがある。
防災情報の活用問題もある。
特に防災教育が重要だ。

今回の震災で岩手県の釜石市では
被災地の3千人の小中学生が全員無事に避難出来たが、
これは日頃から防災教育を徹底した結果である。

増田寛也
増田寛也

【プロフィール】増田寛也氏(ますだ・ひろや)

1951年生まれ。
77年東京大学法学部卒と同時に建設省に入省、
千葉県警本部交通部交通指導課長や茨城県企画部鉄道交通課長、
建設省建設経済局建設業課紛争調整官などを経て
1995年に岩手県知事に初当選以来3期12年間務める。
2007年8月安倍~福田内閣で民間から総務大臣に起用される。
09年から野村総研顧問や東京大学公共政策大学院客員教授。
東日本大震災以降はテレビ、新聞などマスコミに頻繁に登場し
震災復興に関する考えを語る。
知事時代は当時の片山善博鳥取県知事や
北川正恭三重県知事らとともに「改革派知事」として
地方自治の改革に取り組み注目された。

著書は
「地域主権の近未来図」(朝日新書)
「『東北』共同体からの再生」(藤原書店)


■講演CDの要点

かつて岩手県知事や総務大臣を歴任し地域開発に精通する講師が、いま東日本大震災の復興に情熱を傾け、今後の日本経済再生のモデルケースを描く。


【講演CDのご購入はこちら】
東日本大震災の復興を日本再生のモデルに
増田寛也(元総務大臣・野村総研顧問)

【2012年01月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す