熊谷亮丸:世界インフレ襲来 著者【講演CD】


いまマスコミで最も注目される気鋭のエコノミストが、安倍政権の経済金融政策を詳しく分析し、日本経済の再生に向けた処方を複眼的に示す。


講演CDタイトル
「アベノミクス」で日本経済は再生するか?
熊谷亮丸氏(大和総研チーフエコノミスト)世界インフレ襲来 著者

 

 

熊谷亮丸
熊谷亮丸

■講演CDの主な内容

熊谷氏はアベノミクスの3本の矢
(大胆な金融緩和、財政政策、成長戦略)について
「金融緩和など滑り出しは順調」と評価。

今後の課題としては
①財政規律を守れるか
②成長戦略で規制改革を実現し民間活力を喚起できるか
③雇用者の所得を伸ばせるか
にかかっていると指摘した。

大胆な金融緩和では日銀の物価上昇2%目標の設定が
株高、円安に効いており、かなり順調と歓迎し
「リスク資産なども買ってさらなる金融緩和が必要」
と第2、第3弾の緩和を求めた。

財政政策では国土強靭化計画で防災などの公共事業を拡大し
国民の生命財産を守る重要性は認める。

その一方で、経済に直接関係ない
「バラマキ的な公共投資」には強い懸念を示す。

財政が悪化すれば
国債の暴落、長期金利上昇、金融機関の経営悪化を招き
株安、円安、債券安のトリプル安懸念もあり
「財政規律をしっかり守ること」の重要性を強調。

安倍首相が3本目の矢と位置づける成長戦略が一番重要と見て
「アベノミクスの良し悪しを方向づける成否のカギを握っている」
と指摘した。

そのため構造・規制改革を挙げ、
TPP参加の積極推進、農業への株式会社の参入自由化、
医遼・介護分野などの規制改革に力を入れるべきと主張した。

このほか日本経済の現状分析や見通しについても詳しく述べた。

熊谷亮丸
熊谷亮丸

【プロフィール】熊谷亮丸氏(くまがい・みつまる)

1966年生まれ。
89年東京大学法学部卒、
日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)に入行。
調査部などを経て
2005年メリルリンチ日本証券に移りチーフ債券ストラテジスト。
07年に大和総研シニアエコノミスト、
010年から現職。

財務省の「関税・外国為替等審議会」専門委員など歴任。
最近はテレビなどマスコミにも頻繁に登場し経済金融問題を解説。

各種アナリスト・ランキングではエコノミスト、
為替アナリストとして1位獲得の常連で、人気エコノミスト。

著書は
「パッシング チャイナ」(講談社)
「世界インフレ襲来」(東洋経済新報社)
など。


■講演CDの要点

いまマスコミで最も注目される気鋭のエコノミストが、安倍政権の経済金融政策を詳しく分析し、日本経済の再生に向けた処方を複眼的に示す。


【講演CDのご購入はこちら】
「アベノミクス」で日本経済は再生するか?
熊谷亮丸(大和総研チーフエコノミスト)

【2013年04月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す