久保田競:あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法 著者【講演CD】


人間は歩くことで脳が活性化し若返ると説く大脳生理学者が、そのメカニズムを詳しく解明し、歩くことが如何に大事で素晴しいことかを紹介する。


講演CDタイトル
良く歩く生活で脳が若返る〜40歳からでも遅くない〜
久保田競氏(京都大学名誉教授)あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法 著者

 

 

久保田競
久保田競

■講演CDの主な内容

久保田氏は京都大学霊長類研究所で脳の研究を行い、
歩いたり走ったりすることで脳が活性化する仕組みを解明するなど
大脳生理学の権威として知られます。

冒頭で「歩くことは人間の基本的な活動であり運動である」と宣言。

人間の身体や脳は生まれて20歳ぐらいまで成長し、
30歳台になると脳の容量が低下するという。

これを防ぐには歩き、走ることで前頭前野を刺激し
脳の働きを良くすることが必要になる。

歩き、走ることは周囲を良く注意することにもなり
「考えることの一種」であり、前頭前野の働きを良くし、
決断力などにも効果があると分析。

子供に勉強するよう注意する時は
「勉強せよと言うより、ちょっと外で走ってきなさい」
と言ったほうが効果は上がると説く。

このため40歳からではなく歩けるようになった時点から
よく歩かせる習慣をつけることが大事という。

また脳の活性化では歩く、走るだけでなく
食事についても注意点を挙げた。

それには地中海食を多く取ることも欠かせない要素。
魚、オリーブオイル、豆類、ワインなどを挙げる。

特に魚は青い魚を多く摂取すること。
1日に0.9ミリ㌘は食べると良い。

コメは玄米、ナッツ類を食べるとアセチルコリン
(運動神経や副交感神経で刺激を伝える物質)が出来て
「あらゆる筋肉に効果がある」とした。

卵の黄身に多く含まれている。
さらに睡眠時間は7時間が最適で
「全体のリズムを保つことが健全な生き方には重要」と説き、
歩き、走ることに加えて食事も含め
バランスよい生活リズムを強調した。

久保田競
久保田競

【プロフィール】久保田競氏(くぼた・きそう)

1932年生まれ。
57年東京大学医学部卒、
64年同大学院生物系研究科第一基礎医学専門課程修了、医学博士。
同年東京大学医学部講師、
67年京都大学霊長類研究所助教授、
73年同教授。
同大学退官後1996年から日本福祉大学情報社会科学部教授、
2004年から国際医学技術専門学校の副校長、現在に至る。

著書は
「頭のいい人はよく歩く!」(ブックマン社)
「あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法―脳科学の最高権威がはじめて明かす」
「赤ちゃんの脳を育む本」
「バカはなおせる―脳を鍛える習慣、悪くする習慣」
「天才脳を鍛える3・4・5歳教育―就学前にやるべき『久保田式学習法』」
など多数。


■講演CDの要点

人間は歩くことで脳が活性化し若返ると説く大脳生理学者が、そのメカニズムを詳しく解明し、歩くことが如何に大事で素晴しいことかを紹介する。


【講演CDのご購入はこちら】
良く歩く生活で脳が若返る〜40歳からでも遅くない〜
久保田競(京都大学名誉教授)

【2012年07月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す