北岡伸一:グローバルプレイヤーとしての日本 著者【講演CD】


衆参のねじれ国会で政治が停滞し国民生活にも大きな打撃を与える。この現状を踏まえ、政治学者が2院制の役割を解説し政党政治のあるべき姿を論じる。


講演CDタイトル
2院制における「ねじれ国会」と政党政治のあり方
北岡伸一氏(東京大学大学院法学政治学研究科・法学部教授)グローバルプレイヤーとしての日本 著者

 

 

北岡伸一
北岡伸一

■講演CDの主な内容

北岡伸一氏は政治学者として日本の政治を直視する一方、
国連日本政府次席代表も務めるなど国際政治の大舞台でも活躍。

最近の「ねじれ国会」で衆院の権限が弱く、
参院の権限が強くなっている現状を
「これでは議院内閣制の本旨から外れている」と指摘。

特に参院の問責決議案で大臣が相次いで辞任し、
さらに首相が退陣に追い込まれる事態は
「参院が政権の生殺与奪権を持つことになりおかしい」と断じた。

また参院選等に敗けて首相が引責辞任するのは
「衆院で多数を維持しているのに辞めろというのも
議院内閣制の本旨に反する」とし
「議院内閣制のもとでは衆院中心に政権は動くべきだ」
と衆院の優位制を論じた。

「ねじれ現象」は今後も起こりうると予想した上で
「これを乗り越えるために知恵を出すのが政治家の責任だ」と、
明治時代の政治状況などを例に連立政権の必要を説いた。

特に今回の東日本大震災では民主党と自民党による
「連立政権で今後の復興に当たるのが国民のために果たす
政治家の責任だ」と語り
「大連立政権」の実現を強く求めた。

大政党同士の連立政権は
「大政翼賛会」になりかねないとの批判もある。

これには
「連立は2党以上で政権運営するので1党が独占することはないし、
選挙を通じて競争が続けば問題はない」と強く反論した。

その場合「お互いがかばい合って批判を止めては困る」と指摘。

小選挙区の本場である英国でも
非常時には大連立を組んでいることを紹介し、
今や大震災の復興に向けて「政治力の結集は不可欠」と語り、
私心を捨てて大連立政権に踏み出す必要を力説した。

北岡伸一
北岡伸一

【プロフィール】北岡伸一氏(きたおか・しんいち)

1948年生まれ。
71年東京大学法学部卒、
76年同大学院法学政治学研究科博士課程修了、
立教大学講師となる。
同大学助教授の後、
81~83年プリンストン大学国際問題研究所客員研究員、
85年立教大学教授、
97~2004年東京大学法学部教授。

04~06年には特命全権大使・国連日本政府次席代表を務める。
06年から現職。
06年には首相官邸「国家安全保障に関する官邸機能強化会議」委員、
07年内閣官房「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」有識者委員、
外務省「日中歴史共同研究」日本側委員座長など多くの政府機関の要職を歴任。

著書は
「グローバルプレイヤーとしての日本」(NTT出版)
「国連の政治力学:日本はどこにいるのか」(中央公論新社)
「独立自尊―福澤諭吉の挑戦」(講談社)
「自民党―政権党38年」(読売新聞社)
など多数。


■講演CDの要点

衆参のねじれ国会で政治が停滞し国民生活にも大きな打撃を与える。この現状を踏まえ、政治学者が2院制の役割を解説し政党政治のあるべき姿を論じる。


【講演CDのご購入はこちら】
2院制における「ねじれ国会」と政党政治のあり方
北岡伸一(東京大学大学院法学政治学研究科・法学部教授)

【2011年05月第2週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す