片山善博:日本を診る 著者【講演CD】


政治主導は掛け声倒れに終わるのか。鳥取県知事や総務大臣を歴任し地方自治にも精通する講師が、「大阪都」構想なども含め日本の進むべき統治システムを論じる。


講演CDタイトル
「政治主導」と統治システムのあり方
片山善博氏(前総務大臣・慶応大学法学部教授)日本を診る 著者

 

 

片山善博
片山善博

■講演CDの主な内容

片山善博氏は菅内閣で約1年間総務大臣を歴任し、
それ以前には鳥取県知事も務めるなど
政治主導を身をもって体験しています。

政治主導は民主党政権誕生以来、
大きな課題で「目標としては間違っていなかった」
としながらも実態は「うまくいっていない」と総括。

その理由として、鳩山内閣では
「官僚は敵との気持が一部にはあった」と指摘し
「国民のために働いてもらう官僚を敵というのは
大きなボタンの掛け違いだった」と批判した。

役所の仕事は膨大であり
政務三役など政治家だけで決めるには限界があるという。

片山氏は「官僚は政治家が使うもの」との姿勢で臨み、
総務相としては総三役会議に事務次官や主要局長を入れて
政治主導の効果を上げたと説明した。

ただ「役所に取り込まれる大臣もいた」のも事実。

ただ役所は組織であるだけに「人事が重要」と語り、
人事を通じて組織を強くしマネジメントすることの必要性を説いた。

その意味で
「民主党政権は官僚の人事をもっとしっかりやるべきだった」
と分析する。

さらに政治主導の効果を上げるためには大臣補佐官を置くなど
政治任用できる仕組みを作るべきだと提案。

また「決裁権」を官僚任せにせず政治家が判断するなど
決済規定の改定や情報公開規定の変更も必要とした。

財務省による予算編成の透明化を強く訴えたほか、
地域主権改革では
国の補助金一括交付の自治体への自由裁量権を求めた。

最後に「大阪都」構想ついては、
地域主権改革で権限を市町村に任せる方向にあるだけに
「冷静な判断」を求めた。

片山善博
片山善博

【プロフィール】片山善博氏(かたやま・よしひろ)

1951年生まれ。
74年東京大学法学部卒、自治省(現総務省)入省。
能代税務署長、自治省固定資産税課長などを経て
99年から鳥取県知事を2期務める。
07年に慶応大学教授、
2010年9月から11年9月まで菅内閣の総務大臣を歴任。
大臣退任後の同年9月から慶応大学法学部教授に復職。

この間、地方制度調査会副会長、中央教育審議会委員、
日弁連市民会議議長、行政刷新会議議員なども務めた。

著書は
「日本を診る」(岩波書店)
「市民社会と地方自治」(慶応大学出版会)
「災害復興とそのミッション―復興と憲法」(共著=クリエイツかもがわ)
「地域間交流が外交を変える」(同=光文社)
など。


■講演CDの要点

政治主導は掛け声倒れに終わるのか。鳥取県知事や総務大臣を歴任し地方自治にも精通する講師が、「大阪都」構想なども含め日本の進むべき統治システムを論じる。


【講演CDのご購入はこちら】
「政治主導」と統治システムのあり方
片山善博(前総務大臣・慶応大学法学部教授)

【2012年02月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す