伊藤幸男:信念が未来をひらく―稲盛和夫の経営哲学に学ぶ 著者【講演CD】


京セラの創業を始め通信事業進出にも果敢に挑戦し今は日本航空の再建に心血を注ぐカリスマ経営者稲盛和夫氏の経営哲学の真髄を詳らかにする。


講演CDタイトル
信念が未来をひらく――稲盛和夫の経営哲学に学ぶ
伊藤幸男氏(名古屋経済大学経済学部教授)信念が未来をひらく―稲盛和夫の経営哲学に学ぶ 著者

 

 

伊藤幸男
伊藤幸男

■講演CDの主な内容

伊藤幸男氏は稲盛和夫氏の著書
「ガキの自叙伝」に出合って衝撃を受けて以来、
稲盛氏の経営哲学に惹かれて、
その真髄を研究しています。

2003年に稲盛氏の著書「ガキの自叙伝」を読んで
「こんな経営者、求道者がいるんだ」と感動したのが
氏との出会いのきっかけ。

「天啓のようなものを感じた」という。

人生で感動した本を2冊挙げるとすればマルクスの資本論と
この「ガキの自叙伝」と言い切るほどで
「資本主義の未来をひらくといってもいいような直感」を受けた。

稲盛経営哲学の本質は
「経営に愛を貫くことであり自己犠牲である」という。

また自分の作ったものが相手にとっても価値のある
「他利の心」も挙げる。

稲盛哲学のリーダー論について。
情熱が第一。
資質があっても情熱がないとダメ。

情熱とは努力、粘り強さ、率先垂範などをさす。
加えて使命感の自覚が情熱につながる。

才能は自分のためではなく
人のため世のために使うこと。

能力は大切だが努力はもっと大切であり、
努力は自分の意思で出来るものである、
と稲盛語録はつづく。

氏の人生哲学は情熱を第一とし、正しく生き、
人のため世のため、この一瞬を輝くように生きること。

伊藤氏は江戸時代に農村復興を唱えた二宮尊徳翁を例に挙げ、
尊徳翁のことを知れば知るほど
尊徳翁の考えと稲盛氏のフィロソフィーは
農業と工業の違いはあるが
自己犠牲や他利など「本質は同じ」と解説した。

伊藤幸男
伊藤幸男

【プロフィール】伊藤幸男氏(いとう・ゆきお)

1974年名古屋大学法学部卒、
同大学院経済学研究科博士課程修了。
1990年から現職。
専攻は理論経済学。

著書は
「信念が未来をひらく 稲盛和夫の経営哲学に学ぶ」(致知出版社)
「稲盛経営哲学の拓く地平」(静岡学術新聞)
「貨幣の原理と展開」(中部日本教育文化会)
など。


■講演CDの要点

京セラの創業を始め通信事業進出にも果敢に挑戦し今は日本航空の再建に心血を注ぐカリスマ経営者稲盛和夫氏の経営哲学の真髄を詳らかにする。


【講演CDのご購入はこちら】
信念が未来をひらく――稲盛和夫の経営哲学に学ぶ
伊藤幸男(名古屋経済大学経済学部教授)

【2011年04月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す