伊東光晴:政権交代の政治経済学――期待と現実 著者【講演CD】


経済学者の視点で、政権交代した日米民主党政権の迷走に厳しく切り込み、政策課題についても鋭く踏み込んで問題点を明らかにする。


講演CDタイトル
日米民主党政権の厳しい現実をどうみるか
伊東光晴氏(京都大学名誉教授)政権交代の政治経済学――期待と現実 著者

 

 

伊東光晴
伊東光晴

■講演CDの主な内容

伊東氏は京都大学や法政大学、
東京外国語大学などで長く教授を務め、
今や経済学の重鎮の一人です。

伊東氏は「政権交代はどこの国でも
政権党への失望から始まる」という。

2009年1月に「チェンジ」を訴えて
熱狂的人気で大統領に就任したオバマ米大統領。

2年後の現在、
チェンジも色あせて厳しい現実に直面。

片や09年9月に政権交代を実現した日本の民主党政権は
鳩山政権から菅政権に移行しても
迷走続きで国民の失望は大きい。

伊東氏は日米民主党政権とも当初の希望から
今や失望の淵にある実態を浮き彫りにした。

講演では昨夏から日本で大ヒットした
「これからの『正義』の話をしよう」の著者で
ハーバード大学教授マイケル・サンデル氏の話を紹介しながら
オバマ大統領と、恐慌対策ニューディールで有名な
フランクリン・ルーズベルト元大統領との政策を比較し、
オバマ大統領の「変質」を暴いた。

「オバマは市民の支えではなく、
シカゴ・マシーン(選挙プロ)による
軍需産業や投資会社に支えられている」とみる。

オバマ政権の2年間は
「チェンジ」から「一つのアメリカ」となり
「オバマ以降は混乱をきたすだろう」と予想。

一方、日本の民主党政権については
「コンクリートから人へ」の政策矛盾を突き、
ダム建設中止や児童手当問題などに切り込んだ。

また鳩山政権と菅政権の違いを明らかにした上で
「菅首相は突発的に思いつきのことを言う」と批判し、
TPP参加問題、消費税引き上げ、
法人税引き下げなどの発言を挙げた。

「菅内閣は自民党とほとんど違わない」と断じ、
オバマ政権が共和党化しているように
菅内閣も自民党化していると指摘した。

伊東光晴
伊東光晴

【プロフィール】伊東光晴氏(いとう・みつはる)

1927年生まれ。
51年東京商科大学(現一橋大学)卒、
東京外国語大学講師を経て同大学教授。
69年法政大学教授、さらに千葉大学教授の後、
85年京都大学教授、
96年京大名誉教授。
その後、放送大学教授や早稲田大学客員教授、
福井県立大学教授などを歴任。
日本学術会議会員に選ばれ
92年には紫綬褒章を受章。
この間、67年には第2回吉野作造賞を受賞。

著書は近著
「政権交代の政治経済学―期待と現実」(岩波書店)
を始め
「大量消費時代」
「近代価格理論の構造」
「変貌する資本主義」
「ケインズ」
「現代の資本主義」
「現代経済の変貌」
など多数。


■講演CDの要点

経済学者の視点で、政権交代した日米民主党政権の迷走に厳しく切り込み、政策課題についても鋭く踏み込んで問題点を明らかにする。


【講演CDのご購入はこちら】
日米民主党政権の厳しい現実をどうみるか
伊東光晴(京都大学名誉教授)

【2011年02月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す