伊東光晴氏:現代に生きるケインズ 著者【講演CD】


経済論壇の重鎮の一人である学者が、米サブプライムローン崩壊の根源を分析して経済危機の本質を衝き、1930年前後の世界恐慌と対比して今後の展開を予測する。


講演CDタイトル
不況と経済学者〜オバマはルーズベルトになれるか〜
伊東光晴氏(京都大学名誉教授)現代に生きるケインズ 著者

 

 

伊東光晴
伊東光晴

■講演CDの主な内容

伊東光晴氏は京都大学や法政大学などで教鞭をとってきたが、
今や経済学者の重鎮の一人。

資本主義論やケインズ論など経済論壇で活躍しています。

1929年以降の大恐慌時代にニューディール政策で
経済改革を進めたルーズベルト大統領。

いま米経済の建て直しに懸命なオバマ大統領。

この米両大統領の政策を時代背景や、
対立する経済学者の存在なども織り込みながら興味深く解説した。

「オバマの登場はルーズベルトの登場に似ている」と指摘。

特にオバマ大統領にとっては
「2年後の中間選挙までに経済が回復するかどうかが
オバマの命運を決する」とし、

不況を乗切れず中間選挙で票を落とすと政策は頓挫し
「第2のクリントン政権になる可能性がある」と読む。

1933年に就任したルーズベルト大統領が
「就任後最初の中間選挙で勝利し、その後4選を果たした」例を挙げ、
オバマ大統領も中間選挙までの実績づくりが重要とみる。

ルーズベルトが新聞経営者で農業問題に精通した
ヘンリー・ウォーレスに目を付け、
後に農務長官や副大統領に起用し農業政策で成功した例、
また経済学者ケインズ対フリードマン、ハンセン対ガルブレイスの
経済論争など経済学者の視点での話も興味深い。

民主、共和両党の政策の流れについても
ケネディ、ジョンソン、ニクソン、レーガン、クリントン、ブッシュら
歴代大統領と経済学者との関係も紹介。

さらにオバマ政権で経済政策を担うガイトナー財務長官、
シャピロ証券取引委員会長官、
バーナンキ連邦準備制度理事会議長についても論評を加え、
同政権の経済政策も浮き彫りにした。

伊東光晴
伊東光晴

【プロフィール】伊東光晴氏(いとう・みつはる)

1927年生まれ。
51年東京商科大学(現一橋大学)卒
東京外国語大学講師を経て同大学教授に就任。
69年法政大学教授、千葉大学教授の後
85年京都大学教授
96年同名誉教授。
その後、放送大学教授や早稲田大学客員教授
福井県立大学教授などを歴任。
日本学術会議会員に選ばれ92年には紫綬褒章を受章。
この間、67年には第2回吉野作造賞も受賞。

著書は
「大量消費時代」
「近代価格理論の構造」
「変貌する資本主義」
「ケインズ」
「現代の資本主義」
「現代経済の変貌」
など多数。


■講演CDの要点

経済論壇の重鎮の一人である学者が、米サブプライムローン崩壊の根源を分析して経済危機の本質を衝き、1930年前後の世界恐慌と対比して今後の展開を予測する。


【講演CDのご購入はこちら】
不況と経済学者〜オバマはルーズベルトになれるか〜
伊東光晴(京都大学名誉教授)

【2009年06月第1週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す