五十嵐敬喜:経済金融トレンドに強くなる 著者【講演CD】


日銀の物価上昇率目途(インフレ目標)1%及び金融緩和の拡大継続はデフレ脱却に有効な手段になり得るのか。有力エコノミストが分析し展望する。


講演CDタイトル
インフレ目標の設定・金融緩和拡大でデフレ脱却は可能か
五十嵐敬喜氏(菱UFJリサーチ&コンサルティング執行役員 調査本部長)経済金融トレンドに強くなる 著者

 

 

五十嵐敬喜
五十嵐敬喜

■講演CDの主な内容

五十嵐氏は在米勤務が通算9年間に及ぶなど
内外の経済に精通し、的確な分析力にも定評があります。

日銀は2月中旬に物価上昇率1%目途や
量的金融緩和の拡大など一連の対策を発表した。

これを受けて株価が一時上昇し、為替も円安にぶれたが、
五十嵐氏は「実体経済の改善を反映したものではなく、
マーケットの期待先行と思惑で動いたもの」と語り、
日銀の政策効果に疑問を呈した。

特に1%達成の時期が明示されていない上、
達成できなかった場合の
責任が明確でない点が問題だと指摘した。

さらに新規の10兆円の量的緩和の拡大についても
「日銀の国債買い増しによる金融供給は銀行に対するもので、
資金需要がないところに10兆円の国債を買い増しても
効果はなく見せ金に過ぎない」と手厳しい。

その上でデフレから脱却するには総需要を増やして
企業の売り上げを増やすことで
需給ギャップを解消する必要を説いた。

また日本のGDPはこの15年間ほとんど増加していないが、
先進7カ国(G7)のうち他の6カ国は平均80%増加しており、
日本の場合は15-65歳までの現役人口の減少が大きいと分析。

それに伴い需要構造が激変しているにもかかわらず
同じ商品を提供しているところに問題があると指摘した。

また今年度の世界経済の成長は3~4%の間で推移し、
日本経済も2%強の成長が見込めるとの見通しを示した。

米経済の改善と中国始め新興国経済の堅調が
欧州経済の下押し懸念を下支えすると予測した。

五十嵐敬喜
五十嵐敬喜

【プロフィール】五十嵐敬喜氏(いがらし・たかのぶ)

1976年京都大学経済学部卒と同時に三和銀行入行。
支店勤務の後、調査部に移り
89年まで10年余はマクロ経済分析を担当、
81~83年経済企画庁に出向し経済白書の作成に従事。
86~89年バンカーストラスト銀行
(ニューヨーク)に客員エコノミストとして出向。
89年に帰国し
2001年まで三和銀行の初代マーケットエコノミストとして
経済・相場の分析・予測情報を提供。
この間、94~2001年にはニューヨークに
2度目の駐在(米国には通算9年間駐在)。
02年UFJ総合研究所
(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)調査部長、
09年から執行役員、
11年調査本部長兼務。
テレビ東京系の
「ワールドビジネスサテライト」のコメンテーターを務める。

著書は
「経済金融トレンドに強くなる」(監修=きんざい)
「『素人以上プロ未満』のための経済・金融入門」(東洋経済新報社)
など。


■講演CDの要点

日銀の物価上昇率目途(インフレ目標)1%及び金融緩和の拡大継続はデフレ脱却に有効な手段になり得るのか。有力エコノミストが分析し展望する。


【講演CDのご購入はこちら】
インフレ目標の設定・金融緩和拡大でデフレ脱却は可能か
五十嵐敬喜(菱UFJリサーチ&コンサルティング執行役員 調査本部長)

【2012年04月第4週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す