本田有明: 本番に強い人、弱い人 著者【講演CD】


人事教育や能力開発の分野のコンサルティングに実績を持つ講師が、勝負時に如何に実力を発揮するかを説き、同時にリーダーの心構えなどを語る。


講演CDタイトル
ここ一番で力を発揮する仕事術
本田有明氏(本田コンサルタント事務所代表) 本番に強い人、弱い人 著者

 

 

本田有明
本田有明

■講演CDの主な内容

本田 有明氏は
日本能率協会でコンサルタントとしての腕を磨いた後独立し、
現在は人事教育や能力開発分野で活躍中。

講演ではリーダーとしての心構え、哲学、ポリシーなどについて
事例を紹介しながら話した。

最初はプロ野球ロッテの抑えとして活躍する小林投手の例。
06年には200セーブを達成するなど押さえの切り札。

彼の話では
「まあ適当に・・・切羽詰ったことはしない」ということらしい。

力まずに力を抜いて投げ、打たれても構わないと
「リラックス気分で投げる」ことを心がけているという。

ある昇進試験に臨んで失敗した友人の例。
万全を期して臨むつもりで禁酒をしたり、試験場のそばに宿を取って早く寝たり
普段しないことをして結局、失敗。

次に商社の役員の失敗例。
母校の大学で講演したときのこと。
話す内容を全部書いて準備万端で臨んだところ
それにこだわりすぎて当意即妙の話が出来なくなって失敗。

本田さんによると
「話というのはシンプルにまとめておき
短く終われば第2部を用意しておくことが大事」という。

その方が却って自分の力を出せるというわけである。
またリーダーがなんでも自分でやってしまうと
失敗する例が多いという。

「周囲の人を使いモチベーションを高めていくことが必要」
と語る。

また指示を出す場合は
「何もかもやろうと総花的にならず、
自分のポリシーを3つ以内に短くまとめて出し、
具体的なことはボトムアップで提案させること」
と説いた。

本田有明
本田有明

【プロフィール】本田有明氏(ほんだ・ありあけ)

1952年生まれ。

慶応大学哲学科卒後、社団法人日本能率協会に勤務。

経営事業本部や情報開発本部に所属し、部長職を経て96年に経営コンサルタントとして独立。

主に人事教育や能力開発の分野でコンサルティング、講演、執筆活動を行う。

著書は
「 本番に強い人、弱い人」(PHP研究所)
「 いつも『結果が出せる人』の仕事術」(PHP研究所)
「逆境をバネにする方法」(PHP研究所)
「20代の成功バイブル」(PHP研究所)
「仕事に活かす“論理思考”」(筑摩書房)
など多数


■講演CDの要点

人事教育や能力開発の分野のコンサルティングに実績を持つ講師が、勝負時に如何に実力を発揮するかを説き、同時にリーダーの心構えなどを語る。


【講演CDのご購入はこちら】
ここ一番で力を発揮する仕事術
本田有明(本田コンサルタント事務所代表)

【2007年11月第2週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す