橋爪大三郎氏:低炭素革命と地球の未来 環境、資源、そして格差の問題に立ち向かう哲学と行動 著者【講演CD】


地球温暖化対策には低炭素革命の必要を説く橋爪氏は政治社会文明批評家として活躍。資本主義改革も念頭において地球人類の課題を分析する。


講演CDタイトル
低炭素革命と資本主義の未来
橋爪大三郎氏(東京工業大学教授)低炭素革命と地球の未来 環境、資源、そして格差の問題に立ち向かう哲学と行動 著者

 

 

橋爪大三郎
橋爪大三郎

■講演CDの主な内容

日本をはじめ、世界の先進国は、
過去に大量の炭素ガスを排出してきた。
日本人一人当り、年間10トン、
中国人一人当り、年間5トン、
アメリカ人一人当り、年間20トン、を排出している。

せいぜい6%、8%削減で、
100年後の地球に生きていられるわけがない。

国連の気候変動条約、京都議定書、ポスト京都などの
国際会議に集まる国々の思惑もバラバラで、
自国の利益ばかりが優先されている。

さらに、
現在世代と将来世代という観点からしても
将来世代の意見や意思は完璧に無視されているのが、現状である。

低炭素革命を起こすカギになるのが、
再生可能なエネルギーへの転換である。

その中でも、特に注目を集めているのが、
ドイツが50兆円を投資している
『太陽熱(ねつ)発電』がある。

『太陽光(こう)発電』に比べ、コストが安くサハラ砂漠などに
設置が可能である。

例えば、砂漠に250km×250Km(6万平方Km)の正方形の『太陽熱発電』を
作れば、今の人類のエネルギーすべてをまかなうことができる。

北海道が7万平方Kmなので、北海道より一回り小さい。
世界の砂漠の面積に比べると100分の1の大きさである。

つまり、
砂漠に本の一部に『太陽熱発電』を設置するだけで、
化石原料は要らなくなる。これが2100年の地球の姿になる。

日本は『太陽熱発電』の投資についてまだ遅れをとっている。
ドイツなどのEUでの研究はかなり進んでいて、
2050年に炭素ガスを50%~80%削減できる基本技術の目処が
すでについている。

地球を孫たちに残してあげられる低炭素革命は、
『太陽熱発電』がカギを握っている。

先進国、途上国という分け方ではなく、
世界全体が2050年に炭素ガス排出量を50%削減を
目指すという雄大なビジョンがいままさに必要ではないだろうか。

–【編集後記】——————————————————-
こんにちは。
パワーレクチャーの金 南勲です。

橋爪大三郎先生の講演は、
地球の未来のあり方について、

“希望”と“驚き”を与えてくれた講演です。

ご存知のように、地球の平均気温が
3度上がると現在の農業ができなくなります。
さらに、海面上昇による膨大な被害も予想されています。

地球の温暖化はCO2(二酸化炭素)ではないという
意見もあり、いまだに地球温暖化の原因について、
研究者の中でも、様々な説が存在しているのは確かですが、

化石原料はいつか枯渇してしまいます。

橋爪大三郎先生は、
この地球温暖化問題は、新しいエネルギーを
創りだす大きなチャンスとしてとらえています。

それが『太陽熱発電』です。
その世界的権威の一人として、東京工業大学の玉浦 裕先生がいます。

この『太陽熱発電』が産業化されると自動車産業に匹敵する
ぐらいの産業を生み出すそうですね。

しかも『太陽熱発電』を作るには、
日本の製造業のわざが必要になり、
その意味でも“希望”と“驚き”を与えてくれた講演です。

低炭素革命は決して夢ではありませんが、

自国や現役世代の利益を守ろうとする考え方では
実現が難しいのも事実です。

いまこそ、
“真のリーダーシップ”が必要かもしれません。
そして、我々一人一人の意識の変化こそが、
真のリーダーシップを呼び起こすきっかけになるかもしれません。

ここで書ききれなかった人類を救う雄大な計画を
ぜひ聴いてみてください。

橋爪大三郎
橋爪大三郎

【プロフィール】橋爪大三郎氏(はしづめ・だいさぶろう)

1948年生まれ。
77年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
執筆活動の後
89年から東京工業大学教授
06年からは世界文明センター副センター長を兼務。

著書は
「炭素革命と地球の未来」(共著=ポット出版)
「裁判員の教科書」(ミネルヴァ書房)
「原語派社会学の原理」(洋泉社)
「隣のチャイナ」(夏目書房)
「はじめての構造主義」(講談社現代新書)

など多数。


■講演CDの要点

地球温暖化対策には低炭素革命の必要を説く橋爪氏は政治社会文明批評家として活躍。資本主義改革も念頭において地球人類の課題を分析する。


【講演CDのご購入はこちら】
低炭素革命と資本主義の未来
橋爪大三郎(東京工業大学教授)

【2010年01月第3週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す