橋本淳司氏:世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日 著者【講演CD】


21世紀は「水の世紀」とさえいわれる中で、世界が日本の水を狙っている―。日本の水を求めて争奪戦が展開される日も近いとされる実態に迫る。


講演CDタイトル
世界が水を奪い合う時代〜日本の水が狙われる!〜
橋本淳司氏(水ジャーナリスト・アクアスフィア代表)世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日 著者

 

 

橋本淳司
橋本淳司

■講演CDの主な内容

橋本淳司氏は出版社を経て現在は水ジャーナリストとして
国内や海外の水事情を取材しリポートしています。

日本人1人当たりの1日平均の水使用量は240L。
うち飲み水2L、炊事60L、洗濯70L、残りは洗顔、手洗い、トイレなど。

「大量に使えるのも豊富な水があるから」だ。

翻って世界で一番水の使用量が少ないアフリカ西側地区では
1日5Lに過ぎない。
まさに過酷そのもの。

世界各地の水事情を見ると
中国では黄河の水が枯れて一部で砂漠化も。

米国や豪州では水不足で農業が出来ない深刻な事態に。

また中東のチグリス、ユーフラテス川など国際河川では
上流と下流国間で水紛争が発生しているという。

国連調査では2008年に世界で5億人強が水不足に見舞われ、
2050年には何と40億人が深刻な水不足に陥るとの結果も出ている。

世界的な水ビジネスの動きも活発化している。

世界の水市場規模は110兆~200兆円との予測もあり、
日本が得意とする浄化用の透水幕分野でも10兆円とみられる。

外資は早くも日本の豊富な水源に着目し
三重県下では土地を買収して地下水を汲み上げ
自国で販売する動きも出ているとか。

水不足の解消手段としては、まず使用量の削減と、
水の再利用・循環が必要と指摘。

日本でも都市部では屋根の雨水を貯水して利用する方向にある。
都市洪水を防ぎ治水にも役立つ。

東京都の1戸建屋根水を貯水すれば1億3千万トンにも達するという。
工業排水の再利用も必然の動き。

水問題はエネルギーや食糧問題とも密接に絡んでおり
「日本も深刻な水問題と無縁ではない」と力説した。

橋本淳司
橋本淳司

【プロフィール】橋本淳司氏(はしもと・じゅんじ)

1967年生まれ。
学習院大学卒業後、日本実業出版社、KKベストセラーズ勤務の後
25歳で退職して独立、水ジャーナリストとして
日本を始め世界各地の水問題を取材。
水をテーマにしたルポルタージュやエッセイを執筆すると同時に
子供や一般を対象に水の大切さなどを伝える「水の授業」も実施している。
日本水フォーラム節水リーダー、東京学芸大学客員准教授も務める。

著書は
「世界が水を奪い合う日、日本が水を奪われる日」(PHP研究所)
「明日の水は大丈夫? バケツ1杯で考える『水の授業』」(技術評論社)
「おいしい水 きれいな水」(日本実業出版社)
「水問題の重要性に気づいていない日本人」(PHP研究所)
など多数。


■講演CDの要点

21世紀は「水の世紀」とさえいわれる中で、世界が日本の水を狙っている―。日本の水を求めて争奪戦が展開される日も近いとされる実態に迫る。


【講演CDのご購入はこちら】
世界が水を奪い合う時代〜日本の水が狙われる!〜
橋本淳司(水ジャーナリスト・アクアスフィア代表)

【2010年01月第2週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す