青木一能:これがアフリカの全貌だ 著者【講演CD】


眠れる大陸」アフリカが豊富な鉱物資源を武器に目覚しい経済発展を遂げ始めた。中国や日本などによる資源争奪戦も熾烈を極める中、アフリカ問題の専門家がその実態を報告する。


講演CDタイトル
世界が注目するアフリカの経済発展と日本の対応
青木一能氏(日本大学文理学部教授)これがアフリカの全貌だ 著者

 

 

青木一能
青木一能

■講演CDの主な内容

青木氏はアフリカ・中東問題の専門家として
政府の対アフリカ協力にも関わっています。

いまアフリカの経済発展を例えて
「アフリカライオン」と呼ばれている。

1980年代にアジアが経済発展したとき
「アジアタイガー」と呼ばれたのと同じで、
21世紀は「アフリカライオン」の時代との見方がある。

21世紀に入ってアフリカは目覚しい経済成長を遂げ、
2000~2010年までの全体の年平均経済成長率は
年5.2%に達する。

特にサワラ砂漠以南のサウサハラアフリカ圏では
10%成長の国が10カ国もある。

高成長の要因としては世界的な石油・鉱産物資源の
消費拡大による価格上昇がある。

加えて東西冷戦の終結で経済のグローバル化が進み
世界経済が一気に拡大したことも大きい。

90年代以降アフリカ諸国は次々と民主化に向かい
今は安定期に入っている。

国営企業中心から市場経済・民営化が進んでいる。
アフリカの人口10億人のうち3億人が
中間所得層になっている。

2020年には世界人口の20%を占めるといわれ、
この人口増は世界経済にとって魅力となる。

しかし資源の恩恵が国民全体に行き渡らず
依然貧困層も多く、1日1ドル以下の絶対貧困層は
2015年予測でも42%(90年40%)と高い。

アフリカでは中国の動きが特に目立つ。

中国は内政不干渉でアフリカの国内事情に関わりなく
欲しい資源を目指す。

援助も欧米のような条件をつけない。

アフリカでの建設プロジェクトでは
作業員などを中国から連れて行き、
奥地まで人を送り込んでいる。

それに比べ日本は政治的、経済的にもつながりが薄い。
今後は欧米や東南アジアのように官民が一致協力して
対アフリカ戦略を考えるべきである。

青木一能
青木一能

【プロフィール】青木一能氏(あおき・かずよし)

1976年慶応大学大学院 政治学専攻博士課程 を満期退学、
その後、(財)世界経済調査会専任研究員を経て
79年から日本大学国際関係学部および
大学院国際関係研究科前・後期過程で教鞭をとる。

その間、ロンドン大学英連邦研究所客員研究員を務め、
2003年4月から日本大学文理学部教授として
国際情勢、政治学、地域研究(アフリカ及び中東)などを担当、
現在に至る。

著書は
「これがアフリカの全貌だ」(かんき出版)
「手にとるように現代史がわかる本」(同)
「21世紀の中東・アフリカ世界―混迷する地域の過去・現在・未来」
(編著=芦書房)
など多数。


■講演CDの要点

眠れる大陸」アフリカが豊富な鉱物資源を武器に目覚しい経済発展を遂げ始めた。中国や日本などによる資源争奪戦も熾烈を極める中、アフリカ問題の専門家がその実態を報告する。


【講演CDのご購入はこちら】
世界が注目するアフリカの経済発展と日本の対応
青木一能(日本大学文理学部教授)

【2012年08月第4週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す