有田秀穂氏:朝5分の幸運習慣 セロトニン生活のすすめ 著者【講演CD】


現代のストレス社会をどう克服するか。「脳からストレスを消す技術」の著者が、朝5分間の独特の脳健康法で心身ともに健康になれる方法を伝授する。


講演CDタイトル
朝5分間のセロトニン脳健康法〜心も身体も脳も健康に…〜
有田秀穂氏(東邦大学医学部統合生理学教授)朝5分の幸運習慣 セロトニン生活のすすめ 著者

 

 

有田秀穂
有田秀穂

■講演CDの主な内容

有田秀穂氏はセロトニンという脳内の神経伝達物質について研究し、
この神経が如何に心のバランスやストレス解消など
心身の健康に役立つかを究明して、多くの本を出しています。

セロトニンは朝の目覚めを良くし
爽快感をつくり出すのに重要な役割を果たし、
最近はうつ病と関係ある脳内物質として注目されているという。

セロトニンは身体のあらゆる部分で見つかっており、
特に脳内に広範に分泌し
元気に関わる物質として重要とされる。

セロトニンの活動によって脳全体の状態が変わり、
これが欠乏するとうつ病になる。

さらに交感神経や痛みの調節、筋肉の状態など
「様々な機能に影響する」とした。

セロトニンの活性化の状態によって
健康状態が大きく影響されるが、
その活性化には3つの方法がある。

(1)歩くなどリズムのある運動をする。
(2)朝の太陽を浴びる。脳にとって太陽の光は効果がある。
(3)人との触れ合い、グルーミングが大切。

またセロトニンは昼間だけ活動し
夜間は休止する性質があり、
それを意識した活性化法が必要になるという。

有田氏は現代ではパソコンの使用が多く、運動不足となり
セロトニン神経の活性化を弱らせ悪くしていると指摘する。

これを解消するには、
身体を動かし、
朝日を浴び、
グルーミングが必要不可欠の条件となるが
「これらは1日30分間でよく、これを継続することが大切」と強調した。

また咀嚼(かむこと)や、
息をはく呼吸法、座禅なども効果があり
大脳や自律神経にも良いという。

有田秀穂
有田秀穂

【プロフィール】有田秀穂氏(ありた・ひでほ)

1948年生まれ。
73年東京大学医学卒、
東京女子医科大学、東海大学医学部の各助手を経て
80年からニューヨークの大学に留学。

84年筑波大学基礎医学系講師、
90年に東邦大学に移り
96年から同大学医学部教授。

09年には「セロトニン道場」を立ち上げて代表となり
脳内の神経伝達物質セロトニンに関する講習などを行う。

著書は
「脳からストレスを消す技術」(サンマーク出版)
「セロトニン欠乏脳」(NHK出版)
「歩けば脳が活性化する」(WAC文庫)
「セロトニン脳健康法」(講談社+α新書)
「朝の5分間脳内セロトニントレーニング」(かんき出版)
など多数。


■講演CDの要点

現代のストレス社会をどう克服するか。「脳からストレスを消す技術」の著者が、朝5分間の独特の脳健康法で心身ともに健康になれる方法を伝授する。


【講演CDのご購入はこちら】
朝5分間のセロトニン脳健康法〜心も身体も脳も健康に…〜
有田秀穂(東邦大学医学部統合生理学教授)

【2010年08月第5週発売】(収録時間80分)¥3,300円(送料無料・税別)


  数量  

 


コメントを残す